helper

私立(西日本)

<傾向と対策>藤田医科大学(医学部医学科)私立では珍しい英数理均等配点+数強有利な試験。理科でも差がつき、数強の国公立受験生の併願なら相性よし。

総評 国公立らしい配点。理科の傾斜が無く現役有利配点となっている。数学・英語は標準的な問題だが、英語の採点が厳しいため、英語が得意でも点数が伸び悩みやすい。理科の難易度変動は激しいが、頻出難問の経験値で差がつく浪人有利な問題。 ...
私立(東京都)

<傾向と対策>日本医科大学(医学部医学科)配点は現役有利だが試験の中身は浪人有利。英語と理科で差がつく。

総評 英語は時間に余裕があるものの、ほどほどの難易度で点差がつく試験。数学はやや難し目で計算力が要求される試験。化学は重厚な問題である一方、物理は平易な問題若干生物より物理のほうが有利傾向があること。 英語は時間に余裕があるも...
私立(西日本)

<傾向と対策>兵庫医科大学(医学部医学科)やや英数重視配点。理科も軽量なので、現役生も受けやすい。

総評 私立にしては英数重視の配点であり、現役生が有利になるような施策がある理科も軽量対策で合格点に到達可能。現役生に有利に働きやすい大学 私立にしては英数重視の配点であり、現役生が有利になるような様々な施策があること、また理科...
私立(東北・東京以外の関東)

<傾向と対策>東北医科薬科大学(医学部医学科)奨学金枠の充実した実質的な学費が安めな医学部。試験は理科で大きく差がつく。

総評 数学はやや難しく、低い得点帯で団子になりがち英語は逆に易しすぎて、高得点帯で団子になりがち理科はほどほどに差がつく出題だが、若干の癖あり。直前期は対策しておくべき 全体的に難易度がブレがちなのですが、辛うじて理科が一番ま...
私立(東京都)

<傾向と対策>東邦大学(医学部医学科)英語重点配点&難易度もかなり高い。理科も生物選択有利で、文系人間は受けやすい。ただし数学も基礎は抑えておくこと。

総評 英強有利、生物選択有利、と極端な文系人間有利傾向。数学も何とか基本的なところは押さえておくこと。 英語有利、生物選択有利と極端な文系人間有利な傾向にあることが大きな特徴でしょう。しかしながらそのような受験生は数学が極端に...
私立(東京都)

<傾向と対策>東京慈恵会医科大学(医学部医学科)単科医らしい重厚な問題。標準問題を拾えばどうにか合格するが、出来れば得意科目では難問も拾いたいところ。

総評 どの科目も標準問題を抑えておけば合格点には到達するが、全体的に難易度が高いことから、理科・数学で得意科目があれば大きくアドバンテージがとれる大学 どの科目も標準問題を抑えておけば合格点には到達するものの、全体的に難易度が...
私立(東京都)

<傾向と対策>東京医科大学(医学部医学科)標準的な問題だが制限時間はかなりシビア。過去問演習多めで、時間配分の練習を。

総評 問題難易度は概ね標準的。しかし、時間の制約が厳しいため、過去問演習を通して時間配分の最適化が肝心 東京医大の入試は私立入試のスケジュールの後半戦にあたるようで、現状しっかりと過去問演習が出来ている受験生は少ないように見受...
私立(東京都)

<傾向と対策>順天堂大学(医学部医学科)英語特化配点。スピード勝負だが問題も決して平易ではない。

総評 英語の速読力で差が付き、理科のスピード勝負となっている英語の傾向対策がコスパ◎過去問対策はかなりの意識してやる必要 流石に順天堂専願一本釣りというのも勇気がいりますが、あまりたくさん併願校を増やして順天堂も受かろうという...
私立(西日本)

<傾向と対策>大阪医科薬科大学(医学部医学科)記述問題多く、国公立らしい問題。私立専願というよりは、国公立との併願のほうが自然かも。

総評 記述問題が多く国公立らしい問題国公立の併願先として受験しやすい 記述問題が多く国公立らしい問題で、国公立の併願先として受験しやすい大学と言えるでしょう。 動画でご覧になりたい方はこちら 入試の基本...
私立(西日本)

<傾向と対策>産業医科大学(医学部医学科)全体的に理不尽難易度。特に物理が飛びぬけておかしく、生物有利。

総評 数学は癖の強い問題も多いものの易しい問題をきちんと拾えば合格点に到達する。英語は標準的な難易度であるものの採点が異様に厳しく点が伸び悩みがち理科は物理で理不尽級の問題が出題され、明らかな生物有利傾向がある小論文も結構な差がつく...
タイトルとURLをコピーしました