私立(東北・東京以外の関東)

私立(東北・東京以外の関東)

<傾向と対策>岩手医科大学(医学部医学科)「英語が得意な物理選択」の属性であれば非常に有利。問題そのものはオーソドックスだが、科目間の難易度バランスには歪み。

総評 数学は難易度が高く点を伸ばしにくい英語や物理が非常に平易物理有利で、生物選択は不利な傾向 英語や物理が非常に平易 動画でご覧になりたい方はこちら 入試の基本情報と面接 《科目(配点)》数学1...
国公立(関東・甲信越)

<傾向と対策>防衛医科大学校(医学部医学科)令和4年度入試より試験形式に大きな変更有。ブラックボックスだが、やはり択一式重視の対策が重要か?

総評 択一式の足切りラインが高いと予想。時間配分の検討が十分に必要記述式は難問も散見されるものの、取れる問題を堅実にとっていけば、十分合格点に到達できる ※令和4年度入試より、択一式と記述式試験を同時に行うことが発表されました...
私立(東北・東京以外の関東)

<傾向と対策>北里大学(医学部医学科)偏差値は低めだが問題難易度は高く、時間制限も厳しい。過去問演習は多めに行う必要あり。

総評 数学・英語は比較的難しめ。得意であればアドバンテージ取れる。理科は標準問題の短時間型。普段から制限時間を意識したトレーニングを。 数学・英語は比較的難しめだが得意ならアドバンテージを取れる、理科は普段から制限時間を意識し...
私立(東北・東京以外の関東)

<傾向と対策>東北医科薬科大学(医学部医学科)奨学金枠の充実した実質的な学費が安めな医学部。試験は理科で大きく差がつく。

総評 数学はやや難しく、低い得点帯で団子になりがち英語は逆に易しすぎて、高得点帯で団子になりがち理科はほどほどに差がつく出題だが、若干の癖あり。直前期は対策しておくべき 全体的に難易度がブレがちなのですが、辛うじて理科が一番ま...
私立(東北・東京以外の関東)

<傾向と対策>自治医科大学(医学部医学科)平易だが時間制限が非常に厳しい(特に数学と化学で顕著)過去問演習を繰り返し、時間配分の最適化が必須。

総評 数学、化学で極端に時間の制約が厳しく、問題の取捨選択のために、多めの過去問演習が必要になる他科目は基本的な国公立大学対策の延長線上で十分対応できる 動画でご覧になりたい方はこちら 入試の基本情報と面接 ...
私立(東北・東京以外の関東)

<傾向と対策>埼玉医科大学(医学部医学科)全体的に易問だが時間制限は非常に厳しい。明らかな生物有利傾向。

埼玉医科大入試を「実際に解いて」分析しています。埼玉医科大学の入試は、全体的に共通テストやセンター試験で見られるような易しい問題が中心ですが、制限時間の短縮措置などもあり、時間制限はやや厳しい医学部と言えるでしょう。
私立(東北・東京以外の関東)

<傾向と対策>国際医療福祉大学(医学部医学科)英語重点配点だが英語でぶっ飛ばせるのはごく一部か。理数でこぼさないほうが安定して合格出来そう。

国際医療福祉大入試を「実際に解いて」分析しています。国際医療福祉大学の入試は、英語は読解力のみならず文法力でも差がつく出題になっているので志望度が高い場合は文法問題対策が必要になること、数学と理科の難易度変動が激しいため、易しくなった科目の点数で落とさないことが重要になってくるでしょう。
タイトルとURLをコピーしました