helper3

私立(東京都)

<傾向と対策>東京女子医科大学(医学部医学科)学費の大幅値上げで合格難易度は低下している?試験問題は非常にオーソドックスだが、化学だけはかなり稼ぎやすい。

総評 理科(特に化学)が稼ぎやすいので優先的に学習に取り組む英語・数学もほどほどに差のつく問題。決して軽視しない。 理科、特に化学が稼ぎやすいので優先的に学習に取り組む 動画でご覧になりたい方はこちら ...
私立(東北・東京以外の関東)

<傾向と対策>岩手医科大学(医学部医学科)「英語が得意な物理選択」の属性であれば非常に有利。問題そのものはオーソドックスだが、科目間の難易度バランスには歪み。

総評 数学は難易度が高く点を伸ばしにくい英語や物理が非常に平易物理有利で、生物選択は不利な傾向 英語や物理が非常に平易 動画でご覧になりたい方はこちら 入試の基本情報と面接 《科目(配点)》数学1...
私立(東京都)

<傾向と対策>帝京大学(医学部医学科)英+生+国の超文系戦略も可?科目選択の自由度が高すぎる特殊な医学部。

総評 どの科目も平易。得意科目で勝負できるため、高得点勝負になる。科目選択の自由度が大きく、本人の適性に応じて様々な受験戦略が取れる。 英語+生物+国語の限りなく文系に近い科目編成で受験できるのが大きな特徴 動画でご覧に...
私立(東北・東京以外の関東)

<傾向と対策>北里大学(医学部医学科)偏差値は低めだが問題難易度は高く、時間制限も厳しい。過去問演習は多めに行う必要あり。

総評 数学・英語は比較的難しめ。得意であればアドバンテージ取れる。理科は標準問題の短時間型。普段から制限時間を意識したトレーニングを。 数学・英語は比較的難しめだが得意ならアドバンテージを取れる、理科は普段から制限時間を意識し...
私立(東京都)

<傾向と対策>杏林大学(医学部医学科)全体的に平易だが英語・化学が最も点が稼ぎやすいか。理科だけやや時間が足りないかも。

総評 英語・化学が平易で点を稼ぎやすく、試験の特性を理解して対策することでかなり合格しやすくなる 概ねオーソドックスですが、試験の特性を理解して対策するとかなり合格しやすい 動画でご覧になりたい方はこちら ...
私立(西日本)

<傾向と対策>近畿大学(医学部医学科)私立では珍しい数強(+理科)ゲー。英語が理不尽問題ばかりだったが、徐々に易化傾向?

近大医学部入試を、「実際に解いて分析」しています。①私立では珍しく理数系が得意な受験生が大いに有利になる内容であること、②理科の得点調整がガッツリ入るので警戒すべきであることが抑えておきたいポイントと言えるでしょう。
私立(西日本)

<傾向と対策>福岡大学(医学部医学科)九州の易問高得点型その1。特に理科が平易で、満点も狙いやすい。

福岡大医学部入試を、「実際に解いて分析」しています。福岡大学医学部の入試は、全体的にやさしい難易度で、特に理科は非常に平易で満点も狙いやすいくらいの難易度であることが抑えておきたいポイントと言えるでしょう。
私立(東京都)

<傾向と対策>慶応義塾大学(医学部医学科)理3生が滑り止まらないのは何故?数学だけやや理不尽感。他科目は意外と標準的な良問。

慶応大医学部入試を「実際に解いて」分析しています。慶応大学医学部の入試は、①数学で点を伸ばしにくく、②英語は速読力で差がつく試験、③化学は比較的平易、物理や生物はハイレベルだが差のつく問題、であることが大きな特徴と言えるでしょう。英語や理科で稼ぐタイプの受験生であれば、大きな波風も立たず実力通りの結果を出せるでしょう。
国公立(関東・甲信越)

<傾向と対策>東京医科歯科大学(医学部医学科)難問系。でも難問から逃げるな。

東京医科歯科大(医)の入試を、「実際に解いて」分析しています。東京医科歯科大学の入試は、数学・理科でやや難レベルの問題を取っていく実力がないと余裕を持った合格は厳しいこと、英語で設問への取り組み方に工夫が必要になるため過去問の丁寧な周回が重要になってくること、が抑えておきたいポイントになってくるでしょう。
国公立(近畿)

<傾向と対策>奈良県立医科大学(医学部医学科・前期)謎多き「トリアージ」試験。その全貌を公開。

奈良県立医大(前期)の入試を実際に解いて分析します。奈良県立医科大学前期の入試では、数学はそのコンセプト通り優先順位をつけないといけないこと、英語は作文力重視の試験で原則として完走したいものの最後の自由英作文は時間と相談でスルーも許容されること、理科は1科目選択で良いが知識重視の生物や化学を選ぶのが点数が安定しやすく、また物理を選ぶ場合は他の科目をある程度犠牲にする必要があること、などが抑えておきたいポイントになるでしょう。
タイトルとURLをコピーしました