未分類

未分類

ヘルパーT細胞と免疫サイトカイン―頻出問題解説シリーズ(恒常性)

空欄入りpdfはこちら 空欄入りpdfはこちら ヘルパーT細胞の活性化  ヘルパーT細胞が反応すると、各種の①免疫サイトカイン(②インターロイキンなど)を分泌し、③キラーT細胞や④B細胞、マクロファージを活性化させる。自...
未分類

ラクトースオペロンー頻出問題解説シリーズ(分子生物)

空欄入りpdfはこちら 空欄入りpdfはこちら 遺伝子の発現調節  すべての細胞ですべての遺伝子が発現しているわけではない。一つ一つの細胞で、必要なタイミングで遺伝子は発現している。DNAの①プロモーター領域にRNAポリ...
未分類

逆転写酵素とRT-PCR

空欄入りpdfはこちら 空欄入りpdfはこちら 逆転写酵素とRT-PCR  分子生物学のセントラルドグマによれば、DNAからmRNAへ遺伝情報が①転写され、mRNAからタンパク質へ②翻訳されるが、mRNAからDNAを③逆...
未分類

相利共生ー頻出問題解説シリーズ(生態)

空欄入りpdfはこちら 空欄入りpdfはこちら さまざまな共生  異種の生物同士が共存して暮らすことを①共生と呼ぶ。お互いにメリットがあって共生しているものを②相利共生と呼ぶ。一方は利益を得るが、他方は利益も不利益もない...
未分類

気孔の開閉の仕組み

空欄入りpdfはこちら 空欄入りpdfはこちら 気孔の開閉の仕組み  気孔は植物の葉に多く存在し、2つの①孔辺細胞からなる。気孔を開いて、光合成に必要な②二酸化炭素を吸収するが、その一方で、③蒸散が起こり水分が失われる。...
未分類

細胞骨格ー頻出問題解説シリーズ(細胞生物)

空欄入りpdfはこちら 空欄入りpdfはこちら 細胞骨格  細胞の骨組みとなっている、繊維状の高分子タンパク質を総称して①細胞骨格と呼ぶ。細胞骨格は ・②アクチンフィラメント ・③微小管 ・④中間径フィ...
未分類

伝導速度と伝達時間の計算ー頻出問題解説シリーズ(神経)

空欄入りpdfはこちら 空欄入りpdfはこちら 伝導速度と伝達時間  伝導は電流が引き起こす現象であるため興奮が伝わる速度が①速く、伝達は化学物質の移動が引き起こす現象であるため興奮が伝わる速度は②遅い。2つの神経回路に...
未分類

分子系統樹ー頻出問題解説シリーズ(進化)

空欄入りpdfはこちら 空欄入りpdfはこちら 系統樹  進化の過程を①系統といい、これを図に表したものを②系統樹と呼ぶ。進化の時間的な順番及び形質の派生に着目して、系統樹は描かれる。近年、DNAの塩基配列やタンパク質の...
未分類

家系図と伴性遺伝―頻出問題解説シリーズ(遺伝)

空欄入りpdfはこちら 空欄入りpdfはこちら 性染色体の構成  ヒトを含む多くの動物の性染色体は①雄ヘテロ型と呼ばれ、雄が②XYであり雌が③XXである。Y染色体を持たない雄ヘテロ型(④XO)の生物も存在し、⑤バッタなど...
未分類

標識再補法ー頻出問題解説シリーズ(生態)

空欄入りpdfはこちら 空欄入りpdfはこちら 個体群密度と標識再捕法  個体群内の個体の総数を、個体群が生息する面積で割った値を①個体群密度と呼ぶ。実際の個体群内の個体数を知るには、②標識再補法と呼ばれる方法がよく用い...
タイトルとURLをコピーしました