国公立(東海・北陸)

国公立(東海・北陸)

福井大学(医学部医学科)理科が運ゲー。意外な逆転も。

入試の基本情報と面接  共通テストボーダー(2021、河合塾):82% 全統記述偏差値(2020):65.0 駿台全国偏差値(2020):62  二次比率は44%で、共通テスト型といえます。配点はオーソドックスな配点となってい...
国公立(東海・北陸)

富山大学(医学部医学科)二次逆転の穴場。英語の専門性激しめ。

入試の基本情報と面接  二次比率は44%で、共通テスト型といえます。オーソドックスな配点となっています。(理科の点数が以前に比べて圧縮されました)面接はグループ面接20分の後、グループディスカッション20分です。面接点もそれなりに差...
国公立(東海・北陸)

岐阜大学(医学部医学科) 英語ゲー。超長文をやっつけろ。

入試の基本情報と面接  二次比率は60%で、二次型といえます。配点は国語だけ圧縮がかかっているようです。面接点は0点です。グループディスカッションの形式をとっていて、あるテーマに対して議論をします。面接落ちの噂も聞かず、ガッツリ対策...
国公立(東海・北陸)

金沢大学(医学部医学科) 二次比率変更で隠れた逆転の穴場になるか。

入試の基本情報と面接  二次比率は70%で、極めて二次配点が高くなっています。配点は標準的な配点となっています。理科は物理・化学オンリーで、生物選択は受験できない大学であることに注意してください。面接点については非開示であるためグレ...
国公立(東海・北陸)

名古屋市立大学(医学部医学科) とにかく情報処理速度の勝負!問題難易度は標準的。

入試の基本情報と面接  二次比率は69%です。配点はやや理科重視な配点となっています。令和2年度までの入試では二次の学科試験の配点が全体的に低かったですが、令和3年度の入試からは二次の学科試験の点数が2倍になるため、相対的に面接点の...
国公立(東海・北陸)

浜松医科大学 二次試験の問題の分析

入試の基本情報と面接  二次比率は61%です。配点は標準的な配点です。面接点に関しては非開示であるためグレーな点は多いです。浪人差別があるかどうかを考察するため、現役と浪人の比率を調べたところ、1:1程度の年が最も多いの...
タイトルとURLをコピーしました