奈良県立医科大学(後期・医学部医学科) レベルが高すぎる敗者復活戦。理科重視配点。

入試の基本情報と面接

 二次比率は75%です。理科重視な配点となっています。面接点はゼロ点で、5分前後の面接で概ね一般的なことが聞かれるようです。京大、阪大医学部落ちの受験生を意識してか、「仮面浪人をする予定はあるか?」などといった質問もあるようです。言わずもがなですが、即答でいいえと答えてくださいね…基本的に面接は寛容と言われており、一発不合格の話も聞いたことはないので、面接リスクは低いかと思われます。奈良県立医大はどちらかというと後期重点型の大学で、前期試験の定員は22名ですが、後期試験の定員は53名もいます。とはいえ後期試験は京大や阪大など関西の超難関大医学部に不合格だった層が流入してくるため、合格の難易度はかなり高めになっています。また、公民は1科目受験が可能で、すなわち、倫理、政経、現社、それぞれ1科目での受験が可能です。

  国語 社会 数学 理科 英語 面接 合計
共通 100 50 100 100 100 450
二次 225 450 225 900

数学の分析<100分・4問> 

満点225/H170/M140/L125

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 全体的な難易度はやや難~難しいレベルです。論証問題が大半を占めています。また典型問題は皆無で、斬新な設定の問題が多く、通常の大学入試数学では扱わない数式処理、論証手法を要求する問題も多くなっています。制限時間120分に対して、ボリュームはかなり多めです。重厚な思考力型の問題で、方針を考えるにも時間がかかり、その後の計算や解答作成にもたいへん時間がかかります。とはいえ予め取り組みやすそうな問題に絞って取り組めばどうにか間に合うかなあとは思います。出題分野については、融合問題が多いものの、その中でも、整数、数列、論理と集合の融合問題が近年良く出題されています。次点で数3微積の問題もよく出題されています。奈良県立医大後期数学の対策としては、高度な思考力・論証力を要する難問が多く、典型問題の出題は少ないため典型問題の解法インプットについては最低限に済ませたいところです。やさしい理系数学や標準問題精講などの下位旧帝大レベルのアウトプット演習も有用ではありますが、これだけでは点数にはなかなかつながらず、ハイレベル理系数学、上級問題精講など上位旧帝大レベルのアウトプット演習まで行いたいところです。頻出の整数・数列・論理と集合などの分野については、東大・京大・一橋大・東工大・阪大理系挑戦枠など最高峰レベルの入試問題、大学への数学シリーズのマスターオブ整数などの整数特化対策本なども有用でしょう。トレーニングこそハイレベルな問題まで進めたいところですが、実際の試験では時間もそうたくさんはないので、試験本番では試験の全体像をつかみ、取り組みやすい問題から進めるようにしてください

英語の分析<105分・4問> 

満点225/H180/M150/L140

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 大問1と大問2は通常の長文問題で、語彙・内容共に標準レベルです。しかもやや過剰に注釈がついており、語彙で困ることはないでしょう。設問もオーソドックスなもので、内容説明問題が大半ですが短文の和文英訳問題も交じっています。大問3は120ワードの自由英作文、大問4は80ワードの自由英作文になっています。大問3は大問2に関連したテーマになっていることが多いようです。その一方で大問4は独立した設問になっています。自由英作文が2つとボリュームは多く見えますが、長文は標準レベルでそれほど時間はかかりませんので、苦手でなければ時間が足りなくなることもないでしょう。また、長文に組み込まれた設問も含めると、英作文の配点が全体の半分弱あるので、早い段階から英作文対策は入念に行っておきましょう

化学の分析<90分・5問> 

満点225/H180/M145/L130

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で180分ですから、化学には90分割けることになります。大問5問構成で、理論が2問、無機が1問、有機が1問、高分子が1問となっていることが多いですが、高分子が2問になっている年度もあります。高分子は難しい問題もありますが範囲も狭いので、直前対策で過去問以外に何かやるとするなら高分子を薦めます。難易度は標準~やや難で、標準問題ばかりでなく、やや難の問題の比率もそれなりにあり、時間も長めですので、やや難の重めの問題をしっかり解ききれるかどうかでそれなりに点差はつきます。また、極端に難しい設問こそないですが、各大問の一番最後はとても重めの計算問題になっていることも多く、後回しにしておいた方が無難かと思います。奈良県立医大後期化学の対策としては、重要問題集など標準的な問題集の周回に加え、余裕があれば化学の新演習などやや難しめの問題集まで完成しているとアドバンテージが取れてくるでしょう。目新しい設定の問題はそれほど多くなく、あったとしても取り組みやすいので、化学の新演習の★★★レベルはそれほどゴリゴリやる必要もありません。複雑な設問に対して最後まで計算をやり抜き、正答までもっていく力を養成するという目的意識をもって、普段の勉強に取り組んでください。

物理の対策<90分・3問> 

満点225/H180/M160/L140

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で180分ですから、物理には90分割けることになります。例年は大問3問構成でしたが、令和2年度では大問4問構成になりました。例年は力学、電磁気がそれぞれ1問に、その他の分野が1問という構成でしたが、令和2年度については力学、電磁気、波動、原子という構成でした。全体的な難易度は標準~やや難レベルです。穴埋めがメインにはなりますが、グラフを書かせる問題もあります。制限時間は90分ありますが、大問も4問ありやや難の問題も含まれるので、全問を完走するのは至難の業でしょう。ただ明らかに重い設問を飛ばしながら進めていけば多少の時間の余裕は出るかと思われます。奈良県立医大後期物理の対策としては、重要問題集や名問の森などといった標準的な問題集に加えて、余裕があれば難系統問題とその解き方や、標準問題精講など難問系問題集にも取り組めばより安心と言えます。

生物の対策<90分・5問> 

満点225/H195/M175/L160

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン)  

 理科2科目で180分ですから、生物には90分割けることになります。大問5問構成で、分野の偏りについては、体内環境はほぼ確定で出題、その他の分野は概ね満遍なく出題されていますが、植物生理と生態についてはやや出題頻度は低めになっているかもしれません。全体的な難易度は標準レベルで、やや知識問題が多めです。考察問題はあるにはあるものの、典型問題も多くあまり考え込む問題は少ないです大問は5問もありますが時間も90分あり難易度が難しいわけでもないので、余った時間で化学の計算の見直しややや難の問題にチャレンジするのも良いでしょう。奈良県立医大後期生物の対策としては、知識問題の対策のために「生物用語の完全制覇」などの難しめの知識問題集で知識を固めた後、知識の論述問題もあるので、「生物記述論述問題の完全対策」などの論述用問題集にも丁寧に取り組みましょう。更に基礎問題精講など標準的な問題集を用いて典型問題を対策すれば、それなりに安定した点数が取れるかと思います。遺伝についてもそれなりに出題されるので、余裕があれば対策をしておいてください。奈良県立医大の面接では、物理選択者に対して「生物の学修の遅れをどうカバーするか?」などといった質問がされることがあり、なるべく生物選択で入学してほしいというスタンスなんじゃないかと思います。数学のハードルが高いためか物理選択が結局多くなるようですが、理科単体で見れば生物選択は比較的有利に戦えるので、最後まであきらめずに学習を続けてください。

地域医療の概況

 奈良県の人口当たり医師数は全国平均レベルです。奈良県は、北部は比較的発展しているため医療施設も多くあります。また電車で大阪へすぐにアクセスできるため、大阪の病院へ通うケースも多いようです。逆に京都の南部は医療資源に乏しいため、京都から奈良に流入するケースもそれなりにあるようです。診療科偏在も殆どなく、昔は、産婦人科で、多額の報酬を医師に用意したにもかかわらず結局あまりの激務でやめてしまった、などといったニュースもありましたが、現在ではそのような状況は改善し、比較的安定した地域医療体制が構築されています。

総評

 奈良県立医科大学後期の入試では、数学は難しいが京大・阪大医学部受験組は難問も含めてトレーニングするため有利になりやすいこと、英語は意外と易しく、作文力重視の試験になること、理科は程ほどの難易度で時間もたっぷりあるので、やや難レベルの問題の正答率でも差がつくこと、などが抑えておきたいポイントになるでしょう。確かに京大・阪大の対策がそのまま奈良県立医大の対策にもなり、旧帝落ち有利というのも納得できますが、他の大学からのリベンジ組でも、理科の配点が2倍あるので、理科の実力次第では望みはあるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました