鹿児島大学(医学部医学科) 理科重視配点だが易しすぎて…難問対策不要だが面接対策は必要。

入試の基本情報と面接

 二次比率は51%で、ほぼイーブンといえます。配点は理科重視な配点で、共通テストで国語200、社会で100、数学で200、理科2科目で200、英語で200、二次試験で数学200、理科400、英語200、面接120となっています。面接については、10分前後の面接で概ね一般的なことが聞かれるようです。至って普通の面接が行われるにも関わらず、面接点は大いに差がつくようで、満点近い受験生がいる一方で、30点程度にとどまる受験生もいるようですが、平均としては80~90点程度に落ち着くようです。九州以外の地方からの受験生、浪人回数が多めの受験生はややリスクがあります。理科重視の配点は浪人生にはプラスに働きますが、面接での厳しい採点は浪人生にマイナスに働き、その結果、合格率が最も高くなるのは一浪生になるようです。また、公民は1科目受験不可で、すなわち、「倫理・政経」2科目まとまった科目オンリーです。

  国語 社会 数学 理科 英語 面接 合計
共通 200 100 200 200 200 900
二次 200 400 200 120 920

数学の分析<120分・5問> 

満点200/H180/M165/L155

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 大問5問構成で、制限時間は120分の試験です。全体的な難易度は標準レベルです。全体的に、2~4問の誘導小問がついていることが多いようです。大問1は小問3問からなる小問集合で、いずれもやや易しい~標準レベルの問題です。大問3が選択問題になっており、数列、ベクトル、確率分布の3択から選べるようです。難易度はいずれも標準レベルで、どの問題を選ぶかで大きく当たりはずれはなさそうです。標準問題の解法を総合的に運用することが求められますが、高度な発想力や論証力までは要求されていません。制限時間120分に対して、ボリュームは適正です。やや計算が煩雑な問題もあり、計算を手際よく処理していく必要があります。出題分野については数3微積や複素数平面が頻出で、二次曲線などもやや多めに出題されています。鹿児島大数学の対策としては、標準問題中心のセットであるため、青チャート、フォーカスゴールド、一対一対応の演習などの網羅系問題集でのインプット学習は必須になるでしょう。アウトプット演習としては、理系数学入試の核心(標準編)などの地方国公立レベルの問題集のほか、やさしい理系数学や標準問題精講などの下位旧帝大レベルの問題集にも取り組みたいところです。

英語の分析<90分・5問> 

満点200/H170/M155/L145

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 大問1、大問2は通常の長文問題です。内容・語彙のレベルはやや易しいレベルで、難しくありません。大問3は文法問題ですが、これも易しく、かつてのセンター試験よりも易しいレベルです。大問4は和文英訳で、いずれも短文で、例文暗記の延長線上で対応できるレベルです。大問5は自由英作文で、80~100ワード程度の標準的な長さになります。全体的にかなり易しいレベルなので、制限時間は90分とかなり短めではありますが、時間が極端に不足することもないでしょう。辛うじて英作文で多少の差がつくか、といったレベルなので、英語が苦手な受験生でも英作文のトレーニングさえ頑張ればキャッチアップできるかと思われます。

化学の分析<75分・5問> 

満点200/H190/M170/L160

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で150分なので、化学には75分割けることになります。大問5問構成で、小問集合が1問、理論が2問、有機が1問、高分子が1問の構成になっています。無機についてはあまり出題されることはありませんが、年度によっては大問まるまる1問無機になっていることもあります。全体的な難易度はやや易しいから標準レベルで、取り組みにくい問題もありますが、殆どは基本的な問題になっています。大問数は多いものの、難易度は低く知識問題も多いので、時間が足りなくなることもないでしょう。鹿児島大化学の対策としては、重要問題集など標準的な問題集を丁寧に周回するだけでも十分に合格点に到達するでしょう。時間が無ければA問題だけでも構いません。理科の配点はかなり高めなのですが、問題がかなり易しく、高得点帯で団子になっていると考えています。基礎の取りこぼしがあれば致命傷ですが、得意だからと言ってそこまで差をつけることは出来ません。

物理の対策<75分・4問> 

満点200/H170/M150/L140

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で150分なので、物理には75分の時間は割けます。大問4問構成で、分野については、力学、電磁気、波動、熱のセットになっていることが殆どです。原子の出題はここ何年か全く無いので、時間が無ければカットしても構いません。難易度は標準レベルでそう難しくはありませんが、導出過程を書かせる問題も多く時間にそう余裕があるわけでもありません。とはいえ化学は時間が余りがちかと思いますので、理科トータルで見ると時間不足で困る受験生は少ないでしょう。鹿児島大物理の対策としては、重要問題集や名門の森などといった標準問題集を丁寧にこなすだけでも十分に合格点に到達しますが、導出過程を書かせる問題も多いので、普段の演習から、導出過程をきちんと書きながらトレーニングをするようにしてくださいね。

生物の対策<75分・4問> 

満点200/H180/M160/L150

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン)  

 理科2科目で150分なので、生物には75分程度の時間は割けます。大問4問構成で、分野の偏りはあまりありません。体内環境と神経が最も頻出ですが、生態や進化、植物生理と言った分野も普通に出題されています。求められる得点率も高めなのでこれらの分野も捨てるわけにはいきません。全体的な難易度はやや易しい~標準レベルで、多くが知識問題です。考察問題は殆どないものの、知識の論述問題はそれなりの比率で出題されており、ここで若干の点差はつきそうです。鹿児島大生物の対策としては、基礎問題精講など標準的な問題集を丁寧にこなした後、論述問題の対策のために「生物記述論述問題の完全対策」などの論述用の問題集をこなせばかなりの高得点が期待できます。あまり難しいものはありませんが、遺伝の出題もありますので、時間に余裕があれば対策をしてください。

地域医療の概況

 鹿児島県の人口当たりの医師数は全国平均レベルです。しかしながら地域偏在は激しく、医学部のある鹿児島市に医師が集中し、その他の地域では医師が不足気味です。鹿児島県の地域医療で特徴的なのは離島医療です。鹿児島県に属する離島地域の中には奄美群島(奄美諸島)と呼ばれる島々がありますが、離島の中では日本トップレベルに医療が充実した地域と言われています。診療科偏在については、精神病棟が多い影響で、全県的に精神科の医師は多めになっていますが、他の診療科は概ね、鹿児島市では充足、他の地域では不足、といった様子で、診療科偏在よりも地域偏在の方が深刻な問題となっています。

総評

 鹿児島大学医学部の入試は、理科重視の配点だが理科の問題は易しく高得点勝負になること、英語・数学も全体的に易しく高得点型であること、面接である程度のばらつきは覚悟しなければいけないこと、は抑えておきたいポイントになるでしょう。理科重視かつ面接リスク有りということを反映してか、一浪の受験生の合格率が最も高くなっています。「理科に自信が出てきた一浪の受験生」は受験校の候補に入れても良く、特に九州、鹿児島出身であれば積極的に受験を検討したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました