香川大学(医学部医学科) 二次試験の問題の分析

入試の基本情報と面接

 二次比率は50%で、イーブン型になりました。配点は国語・理科重視な配点で、共通テストで国語200、社会で100、数学で100、理科2科目で200、英語で100、二次試験で数学200、理科200、英語200、面接100となっています。面接については15分程度の集団討論と5分前後の個人面接になります。個人面接では概ね一般的なことが聞かれるようですが、香川に残るかどうかは少し気にされるようです。面接点については、30~90点程度とばらつきはあるようですが、概ね70~80点程度に収束していくようです。前年度より配点の変更があり、共通テストにおける数学と英語の配点が圧縮され、相対的に国語・社会・理科重視となりました。これまで四国の大学では愛媛大が国語重視でしたがこれは圧縮されてしまいましたので、香川大がその代わりにやや国語重視になりました。香川大では愛媛大と違い生物受験も可能で、生物選択は概ね国語も得意な傾向にあるので、出願する受験生は増えそうです。また、公民は1科目受験が可能で、すなわち、倫理、政経、現社、それぞれ1科目での受験が可能です。

  国語 社会 数学 理科 英語 面接 合計
共通 200 100 100 200 100 700
二次 200 200 200 100 700

数学の分析<90分・4問> 

満点200/H180/M150/L135

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 全体的な難易度はやや易しい~標準レベルです。おおむね2~4問の誘導小問がついていることが多いようです。4問のうち3問が医学部専用問題ですが、概ね標準問題で、少し難しい問題が1問混じってくることもあります。制限時間は90分しかありませんが、ボリューム的には適正レベルです。全体的に計算量や作業量は少ないですが、難しい問題にきちんと取り組むとギリギリくらいの分量と言えます。易しい問題なので、きちんと解き方が身についていると10分以内で解答できるような軽い問題もあります。出題分野については軌跡や数列が頻出で、次点で数2微積・数3微積、図形に関する多分野融合問題などが出題されています。香川大数学の対策としては、殆どが典型問題からの出題になるので、青チャート、フォーカスゴールド、一対一対応の演習などの網羅系の問題集でのインプット学習は必須になるでしょう。アウトプット演習も理系数学入試の核心(標準編)など易しめのものでも必要最小限の点数は確保できるでしょう。やや思考力を要する難しい問題もあるので、やさしい理系数学や標準問題精講などの下位旧帝大レベルのものまで取り組めばより高い点数が目指せてくるでしょう。難易度の変動幅はやや大きく、令和2年度では易しめでしたが平成31年度では誘導なしの問題も多くやや難しい出題でした。

英語の分析<90分・3問> 

満点200/H180/M160/L140

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 大問1は通常の長文問題で、語彙・内容共に標準レベルです。設問については内容説明問題ばかりで、英語で解答する形式になっていますが殆どの設問で本文中の表現を流用できるのでそこまでビビる必要もありません。大問2も通常の長文問題で、長文のレベルは大問1とそう変わりませんが、設問が日本語で説明させる問題になっています。大問3は自由英作文で、120ワード程度のやや長めのものが要求されています。至って普通のテーマで標準的な問題になっています。制限時間は90分に対してボリュームは程ほどで時間が足りなくなることはあまりないでしょうが、論述メインにはなるのでそこだけはトレーニングしてくださいね。

化学の分析<90分・5問> 

満点100/H90/M80/L70

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 大問5問構成で、理論が3問、有機が1問、高分子が1問の構成になっています。無機の出題は控えめですが、理論の問題が無機に代わっている年度もあります。難易度はやや易しい~標準レベルで、殆どの大問は悩まずさくさく解けていくでしょう。易しい問題なのに時間はたっぷり90分ありますので、時間は余る受験生が多いかと思います。ただ時間が余っても居眠りしたりせずに、きちんとケアレスミスが無いかなど見直しをしっかりするようにしてくださいね。香川大化学の対策としては、重要問題集など標準的な問題集をやりこむだけでも十分合格点に到達するでしょう。時間が無ければB問題はカットしても構いません。

物理の対策<90分・5問> 

満点100/H90/M80/L70

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 大問5問構成で、物理の各分野からそれぞれ1問ずつ出題されますが、そのうち4問を選択すればよいと形式になっています。力学や電磁気などの重い分野をカットすることすら実は可能だったりします。難易度は標準レベルですが、各大問の小問数が5~10問とかなり多めなので、意外と時間を食うかもしれません。化学は比較的時間が余りますので、化学を早めに切り上げて物理の問題を少し丁寧めに解くくらいでちょうど良いでしょう。香川大物理の対策としては、重要問題集や名門の森などといった標準問題集で構いません。通常の学習では満遍なく学習する必要がありますが、直前期には苦手分野は思い切って捨てて対策するという方針もアリです。

生物の対策<90分・5問> 

満点100/H90/M80/L70

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン)  

 大問5問構成で最後の2問が選択問題なので、事実上4問を解く形式になります。分野の偏りについては殆どなく、植物生理や生態、進化などの分野もしっかり出題されています。選択問題についても分野は一定しておらず、何かの分野をカットして対策ということは難しそうです。全体的な難易度はやや易しい~標準レベルで、知識問題が殆どで考察問題があまり多くありません。あったとしても典型問題ですので、どこかで見たことのある問題ばかりという印象を受けるでしょう。また、知識の論述問題もそれなりにあるので、そこも対策すればかなり高得点が狙っていけるんじゃないかと思います。香川大生物の対策としては、基礎問題精講など標準的な問題集に加えて、知識問題対策のために「生物用語の完全制覇」などの穴埋め問題集や、論述問題対策のために「生物記述論述問題の完全対策」などの論述用問題集にも取り組めばけっこうな高得点が狙っていけるでしょう。遺伝については選択になっていることもありますがちょいちょい出題されているので、余裕があれば対策をしておいた方が良いかと思います。

地域医療の概況

 香川県の人口当たりの医師数は全国平均よりやや多めになっています。日本で一番小さな県であり中心地である高松へのアクセスは容易であること、またそもそも地域偏在の程度もそれほど大きくないことから、安定した地域医療体制が築けている県になります。ただし瀬戸内海に浮かぶ小豆島はやや医師不足で、また診療所については極端に少なくなっています。ただし高松へのアクセスはそう難しくないため、高松と連携しながら地域医療を支えています。診療科偏在もあまりなく、救急科が相対的にやや少な目と言った程度でしょうか。

総評

 香川大学医学部の入試では、数学・英語・理科ともに難易度は易し目で高得点勝負になることが抑えておきたいポイントになるでしょう。二次比率こそ50%のイーブンですが、大逆転はそこまで期待しないほうが良いかと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました