長崎大学(医学部医学科) 二次試験の問題の分析

入試の基本情報と面接

 二次比率は63%で、二次型といえます。配点はやや理系科目重視な配点で、共通テストで国語100、社会で50、数学で100、理科2科目で100、英語で100、二次試験で数学250、理科250、英語200、面接60となっています。面接は概ね一般的なことが聞かれるようで、ほとんどの人は満点で、極端に面接で失敗した人でも大幅な減点はないようで、50点くらいで踏みとどまるようです。公民は1科目受験可で、すなわち、現社、倫理、政経、1科目だけでの受験が可能です。

  国語 社会 数学 理科 英語 面接 合計
共通 100 50 100 100 100 450
二次 250 250 200 60 760

数学の分析<120分・4問> 

満点250/H230/M200/L180

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 全体的な難易度はやや易しいから標準レベルです。3問が理系の他の学部と共通、もう1問は医学部専用問題となっていることが多いようです。初めの大問が小問集合となっており、やや易しい問題と標準問題が入り混じっています。他については、医学部専用問題も含め標準レベルで、難問は殆どありません。誘導も大変丁寧で、いつの間にか完答してしまっていたということも多いでしょう。ボリュームは程ほどですが、数3微積の計算量だけは少し多めになっているので注意してください。前半2問が数1A2B、後半2問が数3となっていることが多く、年度によっては3問が数3になっていることもあります。どちらにせよ、数3重視の学習をした方がよいかもしれません。数3の中でも微積や数列の極限がほぼ必ず出題されており、次いで複素数平面の出題も見られる、といった感じです。数1A2Bでも若干の出題分野の偏りがあり、ベクトルが頻出となっています。長崎大の数学の対策としては、標準的な問題集を周回して、典型的な問題を反射的に解けるようにしておくだけで、最低限の点数は確保できるといってよいでしょう。アウトプット演習は頻出の数3を中心に、地方国公立大、下位旧帝大レベルの問題について行えば十分です。難問対策は不要です。

英語の分析<100分・5問> 

満点250/H175/M160/L145

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 3問が長文で1問は文法問題、1問が英作文です。長文の語彙レベルは平易で、内容は標準レベルです。論説文のみならず、小説も出題されますが、簡単なのであまり気にならないでしょう。設問は選択肢問題や抜き出し問題が多く、問題Bは英文で解答する問題になっているものの、これもまた難しくないので、ケアレスミスにだけ注意してください。問題Cは長文の穴埋めの形式をとっていますが、これもさほど難しいものではありません。問題Dは文法問題になっていますが、これも易しく、かつてのセンター試験より少し簡単かもしれません。差がつくとするなら英作文でしょう。書きやすいテーマですが語数が多く、150ワード、年によっては200ワードクラスの大作が要求されています。長崎大英語の対策としては、長文や文法問題は平易なので共通テスト対策の延長線上で構いませんが、自由英作文だけが大変なので共通テストの前からこつこつ準備しておきましょう。

化学の分析<80分・5問> 

満点125/H110/M100/L90

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で160分なので、化学には80分割けることになります。基本的には大問5問構成で、理論が2問、無機が1問、有機が1問、高分子が1問で出題されることが多いようです。無機や高分子で大問まるまる1問出題されるので、丁寧めに勉強してください。理論化学の広範な領域について出題されますが、計算問題は少なく、時間はかなり余ります。化学実験について問う問題がしばしば出題されており、少し変わり種の問題ではありますが、ここを落としても合格点には十分到達します。問題そのものは易しいものの、かなり広い範囲について出題されているので、弱点があるとそのまま失点につながります。運で左右されにくい出題となっていると考えてよいでしょう。長崎大化学の対策としては、網羅性の高い標準問題集を丁寧に周回することが重要になってくるでしょう。難問対策は必要ありません。二次試験直前でもいいので、実験に関する問題については資料集などで色々対策をしてみてもいいかもしれません。問題は平易ですが、広い分野から出題されるからこそ、運が良くてたまたま重点的に勉強していた範囲がたくさん出題されることもなく、逆に運が悪くて苦手分野ばかり出題されるということも少ないでしょう。基礎力がしっかり試される試験と言えます。

物理の対策<80分・4問> 

満点125/H110/M100/L90

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で160分なので、物理には80分の時間は割けます。大問4問構成で、1問は力学、1問は電磁気、1問は波動が固定で、もう1問の前半が熱、後半が原子という出題になっています。難易度は概ねやや易~標準レベルです。難問は一切ありません。難易度は易しいものの、波動・熱・原子がすべて出題されているため、これもまたバランスよく学習する必要があるでしょう。化学と同様、運で殆ど左右されないセットとなっています。時間も大変余裕があるので、余った時間にしっかり見直しもしましょう。基本問題が多いものの、普段の学習量次第で点差が開いていく、良い試験問題になっています。

生物の対策<80分・6問> 

満点125/H115/M105/L95

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン)  

 理科2科目で160分なので、生物には80分程度の時間は割けます。大問6問構成で、広い範囲から出題されています。どの分野もまんべんなく出題されているので、山を張った学習はできません。知識問題が大半で、考察問題は少なく、記述も少ないため、かなりの高得点が狙っていけます。ただし、次年度である令和3年度については、かなり重めの考察問題が出題される予定ではあります。おそらく、考察問題については難しすぎてあまり差がつかない試験になるかもしれません。6問中1問の差し替えになると予想され、考察問題対策はプラスにはなりますが、コストパフォーマンスはあまりよくないように思います。設問数は大変多いですが、時間は80分あり、時間切れになることはありません。遺伝については出題はあるものの、難易度は難しくないので特化した対策は不要です。広く浅く、基本の取りこぼしがなければ確実に得点になる、そんな試験となっています。範囲は広いもののたいへん平易な問題ですので、現状生物選択の方が若干有利になっていますが、令和3年度からの新傾向問題の予告を見る限りは、生物は大問1問分が重めの考察問題に差し替えられる予定ですので、物理選択とほぼイーブンになるのではないかと予想しています。

地域医療の概況

 長崎県は県全体として人口当たりの医師数はやや多めになっています。しかしながら、歴史のある名門の医学部のある長崎に医師が集中し、県南部や、対馬などの離島地域では、医師が不足しており、地域偏在はかなり大きいという状況になっています。診療科偏在もあり、メジャーの内科・外科、精神科、整形外科などでは県全体としてやや多めになっています。とはいえ地域偏在の方が激しく、県南部や離島地域ではこれらの診療科でも不足傾向です。

総評

 長崎大学の入試は、全体的に平易で高得点勝負になりますが、特に理科で幅広い分野からの出題があり、山を張った学習が難しいことから、コツコツ勉強を続けてきた浪人生などでは素直にアドバンテージが取れる大学と言ってよいでしょう。全体的に努力が報われやすい、良い試験問題になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました