群馬大学(医学部医学科) 英語(小論文)が激難で差がつかず。理数の得意な現役生向け。

入試の基本情報と面接

 二次比率は50%、完全にイーブンです。配点は標準的な配点です。小論文は事実上の英語です。理科は生物選択不可です。面接点については0点ですが、かなり昔に再受験生の面接一発アウトの事例で裁判にまでなり、今でも一発アウトが稀にあるらしいという噂はあります。圧迫面接になることも時々はあるようですが、最後まで耐えきればどうにかなりそうです。受験勉強で根詰めているところに圧迫面接は中々つらいですが、感情的にならずに乗り切りましょう。また、公民は1科目可能です。すなわち、現社、倫理、政経一科目だけでも受験が可能です。

  国語 社会 数学 理科 英語
(小論文)
面接 合計
共通 100 50 100 100 100

450

二次 150 150 150 450

数学の分析<120分・4問> 

満点150/H135/M110/L95

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 全体的に標準的な問題で構成されています。求値問題、論証問題がバランスよく出題されています。斬新な設定の問題は少なく、多くは市販の標準問題集に類題が見られるでしょう。ボリュームもほどほどで、順調に解き進められれば時間に余裕もできるでしょう。数3の微積や二次曲線を中心に、計算がやや煩雑な問題がありますが、軽めの典型問題も多いので、時間配分で大きな失敗が無ければ、時間が足りなくなることはないでしょう。ここ数年大きな難易度の変化はないようですが、令和2年度に関してはやや易しめになりました。分野はまんべんなく出題されていますが、ちょっぴり数列が多めかもしれません。群馬大学の問題は、標準問題、典型問題の割合が他の大学に比べても特に高いので、標準問題集で標準的問題の解法をマスターすることが最優先です。高校数学の全単元からまんべんなく出題されているので、全ての範囲をバランスよく勉強し、大問を丸ごと落とすということがないようにしましょう。極座標・二次曲線・曲線の長さなど、入試では比較的出題頻度の低い問題もあるので、このようなテーマも、広く浅くでもよいので、拾っていきましょう。アウトプット演習は、小問誘導の多い地方国公立大、下位旧帝大レベルでよく、ハイレベルな問題の対策は一切不要です。

英語(小論文)の分析<90分・1問> 

満点150/H75/M60/L45

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 事実上、英語の試験ですが、小論文にあるような自由記述要素の強い設問もあります。90分の試験で、大問はなんと1問です。おおむね医療系のテーマが出題されることが多いようです。自由記述要素がない問題については、ほとんどが記述問題で、和訳問題なども目立ちます。京都大学の英語と似たような形式です。自由記述の設問は概ね200~250字程度の記述を捌くという形になります。長文1問なので、トータルで読解させる量は少ないものの、記述を大量にさばく必要があるので、時間は滅茶苦茶余るというほどでもありません。注釈はたくさんついていますが、テーマの専門性が強く、低い得点帯であまり差がつかない試験になるようです。基本的には数学と理科で差がつく試験ですので、精読のトレーニングの後、京大過去問の理系ジャンルの読解で和訳と内容説明のトレーニングを積めば、そこそこ取れるんではないでしょうか。自由記述はせいぜい250字程度の意見を書くレベルの設問が数問、といった感じなので、本格的な小論文のトレーニングは必要ないでしょう。やるにしても直前ギリギリで構いません。

化学の分析<60分・3問> 

満点75/H67/M60/L52

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で120分なので、化学には60分割けることになります。大問4問構成で、理論が1問、理論と無機の融合問題が1問、有機が1問、高分子が1問です。高分子はほかの大学を受験する場合は簡単にしか対策しないことも多いですが、ここを受ける場合は高分子で大問まるまる1問出題されるため丁寧に対策しましょう。逆に、無機は理論との融合問題として出題されることが多く、全体の得点に対する割合は控えめです。ただし無機の知識が無いと後半の理論の問題が解けなくなるケースもあるため、ほったらかすわけにもいきません。頻出テーマに的を絞り、簡単に対策はしておくべきですが、マニアックな知識を詰めていってもあまり報われません。全体的な難易度はやや易しい~標準レベルで、さくさく解いていけるはずですが、所々重めの計算もありますので、そういう問題は思い切って飛ばしてまずは最後まで完走しましょう。高得点勝負なので、ケアレスミスのチェックが重要になります。恐らく数問飛ばして最後まで進む方が多いとは思いますが、残った問題を解くのはぐっと我慢して、ケアレスミスのチェックに回りましょう。

物理の対策<60分・3問> 

満点75/H60/M50/L45

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で120分なので、物理には60分の時間は割けます。大問3問で構成され、難易度は標準レベルです。力学、電磁気は毎年出ており、もう1つは熱か波動かですが、ちょっぴり熱の方がよく出ているようです。時間は全く持って足りませんが、全問解く必要もありません。化学が取りやすくなっているので、化学から始めてしっかり得点を確保してから、物理に手を付けることをお勧めします。物理に関しては、各大問の確実に解ける問題を抑えるだけで構いません。また小問が多いので、上手に誘導に乗っていくことが重要と言えます。問題のレベルは標準レベルですから、標準レベルの問題集をきちんとこなすことが大切です。

地域医療の概況

 群馬県全体の人口当たり医師数は平均レベルで、多くもなく少なくもなく、といったところです。群馬県の医療は、群馬大学付属病院のある前橋に一極集中しており、近隣の高崎市、太田市、伊勢崎市、渋川市、桐生市などでは人口は比較的多いものの医師はやや不足気味です。草津温泉などで知られる吾妻地域、世界遺産として知られる富岡製糸場のある富岡市、その他、沼田市、藤岡市などの過疎地域では医師不足ですが、回復期病棟などは充実している傾向にあり、慢性期の患者さんを診る病院はたくさんあるようです。慢性的に不足気味の診療科は耳鼻咽頭科、データ上は不足しているとされているのが形成外科、いわゆる火傷跡などを綺麗にする治療で、美容外科などの分野にも発展する分野です。次点で脳神経外科などもやや不足と言えます。

総評

 群馬大学の入試は、小論文、すなわち英語が難問で低い得点率になることから、数学や理科で合否が決まる、そういう大学と言ってよいでしょう。英語についても、精読系の問題が出ておりますので、近年の速読・多読系の問題にアレルギーを起こしている受験生には取り組みやすいと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました