札幌医科大学(医学部医学科) 単科医の割にオーソドックス。卒後キャリア注意だが一般枠もあまり難易度変わらず?

入試の基本情報と面接

 二次比率は50%です。配点は理科重視・社会圧縮という変わった配点となっています。札幌医科大学には、通常の受験枠である一般枠が20名と、先進研修連携枠と呼ばれる、以前は北海道医療枠と呼ばれていたものですが、卒後北海道内の指定された病院で働くことになるという枠が55名あります。合格者は、総合点の高い順にそれぞれの枠で決定しますが、先進研修連携枠が先に定員に達した場合は、その後定員の枠を超えてでも点数が高ければ先進研修連携枠を採用することとなっているため、先進研修連携枠の最低点より点数の低い一般枠が合格することは原理的にはありません。ゆえに、先進研修連携枠の方が易しいということになります。面接点は15分の面接で概ね一般的なことが聞かれるようですが、札幌医科大学の設立母体や、まあこれは北海道らしいんですけど、その他、先進研修連携枠の意義など、北海道の地域医療に関する最低限の理解を求められることもあるようです。面接点もまた出願枠で差があると言われており、先進研修連携枠では概ね85点程度とのことですが、一般枠では50点前後になることが多いようです。追記:複数の視聴者さんからの情報によれば、一般枠でも先進研修連携枠とほぼ同等の面接点(80点前後)になるとのことです。)公民は1科目受験可で、倫理・政経・現社のみの受験でOKです。基本的に、先進研修連携枠で出願するため、北海道の医療にガッツリコミットする決断が必要なこと、社会が現代社会などで超軽量受験が可能なことなどが特筆すべきポイントでしょうか。

  国語 社会 数学 理科 英語 面接 合計
共通 150 50 150 200 150 700
二次 200 200 200 100 700

数学の分析<100分・4問> 

満点200/H150/M130/L120

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 全体的な難易度はやや易しいからやや難レベルです。問題ごとの難易度のばらつきが激しく、令和2年度では捨て問ではないかと思われる難問もありました。難問で悩み過ぎず、取れる問題で確実にとっていきたいところです。またこのような捨て問が混じることは例年よくあることみたいです。制限時間100分に対し、ボリュームや適正かやや多めと言えます。4問まともにやると多めになるのですが、捨て問をきちんと捨てるのであれば適正と言えます。また数3を中心に計算量はやや多めな印象です。出題分野は数3微積や確率が頻出でありますが、他の分野もまんべんなく出題されているようです。札幌医科大学の数学の対策としては、捨て問があるものの、他の問題は典型問題や標準問題が中心なので、青チャートや一対一対応の演習などで標準問題の解法をマスターするのが最優先でしょう。そのうえで、地方国公立大レベルのアウトプット演習、余力があれば下位旧帝大レベルのアウトプット演習を行えば点数が安定するでしょう。計算力が要求される問題が多いため、数3を中心に演習すると良いでしょう。捨て問まで拾っていくのであれば、名大や阪大レベルの難易度の高い問題のアウトプット演習まで必要ですが、コストパフォーマンスとしてはあまりよくないでしょう。

英語の分析<80分・2問> 

満点200/H150/M130/L120

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 長文は内容も語彙も標準レベルで、語彙に至ってはたくさん注釈もついているので、けっこう読みやすいように思います。ジャンルは1題は文系ジャンル、もう1題は医学または生物学のジャンルで出題されることが多いようです。設問は選択問題も、記述問題も、半々といったところですが、難易度には若干の傾斜があるようです。大問2の選択肢問題は、複数の選択肢を選ぶ問題で、すべてを正しく選ばないと点数にならないので、難しくはないのですが、正確に読まないと点数が0になるので、そこそこ点差がついていそうな気はします。平成31年度では英作文の問題が消えました。令和2年度では要約問題という形で英作文が復活しました。当面、英作文の傾向は安定しないように思いますので、自由英作文を中心に様々なタイプの英作文をまんべんなくトレーニングしておきましょう。ただ配点もあまりなさそうなので、コスパの観点から思い切って捨てるのも一つの手です。

化学の分析<60分・3問> 

満点100/H90/M80/L70

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で120分なので、化学には60分割けることになります。大問3問構成で、理論が2問、有機が1問で出題されることが多いようです。無機は理論とセットで聞かれることもありますが、そもそも聞かれない年度も多いようです。高分子は有機の問題とセットで聞かれることが多く、これもまた聞かれない年もありますが、聞かれる年はそれなりの配点があります。問題のレベルはやや易しい~標準レベルです。基礎が固まっておればさくさく解いて行けるとは思いますが、理論が2問で60分なので、計算問題は急ぎ気味で解くことになると思います。計算ミスには気を付けてください。見直す時間もあまり取れないかもしれません。特別な対策は必要なく、重要問題集など標準的な問題集を固めればきちんと高得点が取れるはずです。

物理の対策<60分・3問> 

満点100/H90/M80/L70

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で120分なので、物理には60分の時間は割けます。大問3問構成で、1問は力学、1問は電磁気、もう1問は熱か波動か原子という構成になっています。原子分野はむしろ頻出となっています。全体的な難易度は易しいから標準レベルです。難しい問題は一切ありません。ボリュームがあるわけでもなく、時間は少し余る人も多いかと思います。重要問題集など、標準レベルの問題集を丁寧に1周すれば、高得点が狙っていけます。もちろん、原子分野も忘れずに、苦手を作らないよう満遍なく学習を薦めましょう。

生物の対策<60分・3問> 

満点100/H80/M70/L60

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン)  

 理科2科目で120分なので、生物には60分程度の時間は割けます。大問3問構成で、出題分野には多少の偏りはあります。分子生物はほぼ毎年出題、体内環境も頻出です。他の分野は、生態や進化、植物生理も含め、まんべんなく出題されています。知識問題は平易ですが、考察問題はやや難です。生態や進化の問題でもけっこう凝った設定の考察問題が出題されています。コストパフォーマンスだけ見れば、知識問題だけを拾う戦略が賢いように思います。考察もとろうとするのなら、標準問題精講などの考察系問題集も必要になります。遺伝もちょいちょい出ているので、遺伝対策も必須です。個人的には生物の対策はほどほどで、化学で高得点を狙う戦略を薦めます。MiddleやHighのラインに到達するには考察系問題集のやりこみが必要です。物理選択は9割以上も狙っていけるため、物理有利と言えます。

地域医療の概況

 北海道の医療体制はなかなか複雑な問題をはらんでいます。北海道の人口当たりの医師数は、全体で見れば、意外にも全国平均より少し多い水準になっています。何が問題なのかというと、地域偏在です。北海道の東の端の根室地方、南の端の日高地方などでは極端な医師不足状態にあり、大きな問題になっています。かつては、大学病院の力が強く、少し無理を押してでもこれらの地方へ医師を派遣していましたが、新臨床研修制度が開始されてから、大学病院から人が減り、僻地にまで医師を派遣できなくなりました。さらに、北海道には、釧路など、札幌や旭川から遠い場所にあっても、たくさんの人口を抱えている都市があります。北海道はたいへん広い都道府県ですので、たとえ釧路に医師が少なかったとしても、釧路の患者を札幌まで運ぶわけにもいきません。このような都市の病院は恐らくは大学病院の医師派遣に依存していると考えられ、そのような背景から、札幌医大の先端研修連携枠なる制度があるのではないかと推察します。診療科偏在についてはあまりなく、地域偏在の方が深刻な問題となっています。

総評

 札幌医科大学の入試は、単科医大の割には標準的な問題が多いこと数学では差がつきにくいこと理科は高得点勝負だがやや物理有利であること、などが抑えておきたいポイントになってくるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました