新潟大学(医学部医学科) 数学鬼難化で異変あり。他科目は易問。

入試の基本情報と面接

 二次比率は62%です。配点は文系科目がかなり圧縮された配点となっています。面接点はゼロ点で、15分の試験でおおむね基本的な内容が聞かれるようです。ごく稀に面接落ちがあるようですが、気にしても仕方ないですね。公民は1科目受験可で、すなわち、現社、倫理、政経、1科目だけでの受験が可能です。国語や社会の勉強が少しいい加減でもいいので、その分理系科目の完成度にエネルギーを注ぎたいところですね。

  国語 社会 数学 理科 英語 面接 合計
共通 100 50 200 200 200 750
二次 400 400 400 1200

数学の分析<90分・4問> 

満点400/H300/M220/L180

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 全体的な難易度は標準~やや難です。それなりに難しい問題も含まれているのに、制限時間が90分しかありません。平成30年度までは典型問題や標準問題だけが出題されていたため90分の試験でも少し時間があまるくらいでしたが、平成31年度以降は、問題の難易度が上がりましたので、時間に厳しくなっています。数3微積などでは計算量も多く、他は計算量は少な目ではありますが、方針を立てる段階や論理的な記述解答を仕上げる段階で時間を要するでしょう。数3微積は毎年出題され、その他の分野はほぼ満遍なく出題されています。時間の制限はやや厳しいものの、やや難の問題も手順や作業量の多い重厚な難問ではありませんので、数学が得意な人なら何とか解けてしまうでしょう。新潟大の数学の対策としては、必ず出題されている数3微積に関して、計算スピードの向上も意識しながら標準問題を中心に重点的に対策する必要があるでしょう。その他の分野に関しても、標準問題をなるべく短時間で解けるように反復演習を行うことは必須になります。やや難レベルの問題も、全く手を付けられないレベルのものではありませんので、難問に特化した対策をする必要はありませんが、地方国公立大、下位旧帝大レベルのやや難レベルの問題演習にじっくり取り組み、アウトプット中心の勉強で思考力や論証力を身に着けることで、少なからず得点に繋がるでしょう。令和2年度では平成31年度よりは難易度が緩和されましたが、平成30年度以前の問題に比べればまだまだ難しいレベルのものになっています。標準問題をいかにハイスピードで処理できるかで、差がつく試験となりました。

英語の分析<90分・3問> 

満点400/H300/M280/L260

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 大問は3問ですが、2問が長文で1問が英作文です。全体的に平易なので、時間もそこまできつくはありません。長文のレベルも易しく、以前のセンター試験とほぼ同等のレベルです。設問もかなり簡単で、どこを抜き出して訳せばよいのか、分かりやすい設問が大半です。とはいえ採点はかなり厳しく行われているようで、詰めが甘いと大きな減点を食らいかねません。作文は短文の和文英訳と自由英作文が出題されています。和文英訳については例文暗記の延長線上で簡単に処理できるでしょう。自由英作文も80~100ワードほどでそれほど長くはないですが、テーマは人によっては書きにくいテーマになることもあるので、色々なジャンルで自分の意見が言えるように自由英作文慣れしておきましょう。ちなみに令和2年度の自由英作文のテーマは「Youtuberは目指すべき良い職なのか?」というテーマだったそうですw新潟大学の英語の対策としては、長文の対策は共通テストの延長線上でほぼOKですが、直前期には細かいところで点を引かれないよう、厳しめに記述答案を添削してもらえるとベストと言えます。和文英訳は例文暗記を繰り返す程度で良いですが、自由英作文は重点的な対策が必要です。あまり自分のなじみの無いテーマに関しても、自分の意見をその場で作り出せるようにトレーニングしたいところです。

化学の分析<90分・4問> 

満点200/H180/M160/L150

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で180分なので、化学には90分割けることになります。基本的には大問4問構成で、理論が1問、有機が1問、高分子が1問が固定で、もう1問が今まで無機だったのですが、令和2年度は理論になり、結晶の計算問題が出題されています。大問ごとにやさしい問題からやや難しい問題まで難易度の傾斜がありますが、どの年にどの分野の問題が難しくなるかは一定していません。難しい問題で詰まることもあるかもしれませんが、時間もたくさんあるので、落ち着いて対応しましょう。時間は例年たいへん余りますが、理論2問の傾向が固定されるとそこまで余らないようになるかもしれません。出題傾向にはやや偏りがあり、高分子が毎年出題されているので対策が必須なのと、原子の構造や化学結合といった、理論化学の初めの方の分野も他の大学に比べると出題頻度が高くなっています。基本的には重要問題集などの標準的な問題集の周回でOKですが、高分子だけ新演習などプラスアルファで追加すると良いでしょう。令和2年度では消えてしまった無機の大問が復活するがどうかがグレーですが、必ず出題されるわけではないので、無機対策については優先順位は低めで良いでしょう。高得点を狙っていくには、広い範囲をまんべんなく勉強していくことが大事で、他の大学では出題されにくい分野でも、基本的内容はきちんと理解して覚えていくことが必要です。机の前でガッツリやるレベルのものでもないですが、通学中や休み時間などの空き時間に、教科書や資料集などを眺めるくらいのことはしておいてもいいかもしれません。

物理の対策<90分・3問> 

満点200/H180/M160/L150

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で180分なので、物理には90分の時間は割けます。大問3問構成で、難易度はやや易しい~標準レベルです。全学部共通問題となっており、難問は一切ありません。時間もたっぷりあり、多くの人は時間がかなり余ることでしょう。分野としては、力学で大問1問、電磁気で大問1問、熱と波動をAとBに分けて大問1問出題されているケースが多く、原子分野は殆ど出題されていません。標準的な問題集の典型問題を抑えるだけで、合格水準に到達できます。難しい問題が解けるようになる必要は全くありません。標準レベルの問題集を1冊丁寧に仕上げれば、十分に合格点に到達します。原子分野の出題は少ないものの、熱や波動は同時に出題されることが多いので、弱点を作らないような勉強の仕方を心がけましょう。

生物の対策<75分・4問> 

満点200/H180/M160/L150

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン)  

 理科2科目で180分なので、生物には90分程度の時間は割けます。大問4問構成で、出題分野には偏りがあります。進化と系統が必ず出題されており、そう難しくはないのですが、広いテーマから出題されているので、この分野だけは標準的で網羅性の高い問題集を2冊こなすくらいでもいいかもしれません。植物関係の分野も1題は必ず出題されており、医学部受験生はあまりモチベーションの出ない分野ではありますが、それゆえに意識的に復習の回数を増やすなどして対応すべきでしょう。その他は、分子生物学と体内環境なども出題頻度は高いですが、進化と系統や植物関係の分野に比べると、試験対策のコスパとしてはあまりよくありません。また、かつては選択問題の形で生態が出題されていましたが、ここ5年ほど、殆ど生態の出題がありません。知識問題が多く、論述問題もあるので、漏れのない学習を進めていくことが必要でしょう。なるべく「大森徹の最強問題集」など網羅性の高い標準問題集で演習を続けることが望ましいと言えます。論述対策に関しては「記述・論述問題の完全対策」が有用です。考察問題は少なく、あったとしてもほどほどの難易度なので、考察系問題集をやる価値はあまりありません。必ず出題される進化と系統の延長線上で、集団遺伝を代表とした遺伝の問題が出題されることもそれなりに多いので、遺伝対策は必要でしょう。おそらく、物理選択の方が有利です。進化と系統、植物生理、光合成、植物の発生など、あまり医学部らしくない分野をきちんと固めていくことで、物理選択との差を埋めていくことが出来ると考えています。

地域医療の概況

 新潟県は県全体として人口当たりの医師数はかなり不足しており、新潟大のある新潟市以外は全国平均を下回ります。新潟市、長岡市、上越市が新潟の医療の3大拠点ですが、このうち長岡市や上越市は比較的人口は多いものの、少ない医師数で地域医療を支えている地域になります。魚沼や佐渡と言った地域は過疎地域で人口も少なく医師も少なく、といった地域で、全体的にカツカツで医療を回している傾向にあります。面接に関しては今こそ比較的寛容とされていますが、このような背景もありますので、新潟に残る予定があるなら、新潟の地域医療への貢献について、何かしらのアピールをしてみてもいいかもしれません。

総評

 新潟大学の入試は、ここ最近の数学の難化、物理選択有利などの要因が重なり、数学・物理などの理系科目が得意な受験生に有利な試験となりつつあると言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました