山梨大学(後期・医学部医学科) 二次英語なし。単科医風の難問揃い。

入試の基本情報と面接

 二次比率は52%です。一般入試では前期の募集はなく、後期のみ募集しています。配点はたいへん特殊で、共通テストで国語200、社会で100、数学で100、理科2科目で100、英語で600(R:L=1:1)、二次試験で数学600、理科600となっています。二次英語はありませんが、共通テストの英語の点数が大きくなっています。面接点はゼロ点で、殆どの人は5分から10分の簡単なグループ面接だけで済みますが、稀に再面接などもあるとの話です。また、公民は1科目受験不可で、すなわち、「倫理・政経」2科目まとまった科目オンリーです。

  国語 社会 数学 理科 英語 面接 合計
共通 200 100 200 200 600 1100
二次 600 600 1200

数学の分析<120分・6問> 

満点600/H420/M330/L225

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 大問6問構成です。全体的な難易度は標準~やや難レベルです。大問1と大問2は小問集合で、大問1は5問前後、大問2は3問の小問から構成されています。大問1のほうが取り組みやすく、その一方で大問2はボリュームが多く難易度が高い傾向があるようです。この大問1と2は答えのみを書く形式であり、正確な計算力が要求されます。大問3以降は小問誘導がほとんどなく、通常の記述問題です。問題の傾向としてはかなり嫌らしい傾向があり、典型問題のように見えて、計算量がやたら多い問題や、余計な設定があり無駄に煩雑になっている問題が多く、忍耐力が要求される出題が目立ちます。その他、初見では手も足も出ないであろう思考力問題も散見され、非常に癖のある悪問と言っても良いでしょう。制限時間120分に対してボリュームは多めです。全体的に計算量や作業量が多く、後半の大問に至っては方針を立てる段階でも時間を食います。とはいえ取り組んでみるとそこそこ答案が出来上がってしまうため、明らかに捨て問と判断できる大問も少ないのが、時間配分を考えるのに厄介な要素でしょう。捨て問をどれだけ作るべきかはそれぞれの受験生の数学力によって違うため、時間を測って何度も過去問に取り組み、時間配分の最適化についてはよくよく検討しましょう。出題分野の偏りについては、確率や整数が頻出ではありますが、その他の分野については、二次関数や二次曲線など他の大学ではマイナーな分野も含めてまんべんなく出題されています。山梨大数学の対策としては、癖のある出題ではあるものの大問1や大問2を中心に標準問題もあるため、青チャート、フォーカスゴールド、一対一対応の演習などの標準的な問題集でのインプットは必須でしょう。アウトプット演習はやさしい理系数学や標準問題精講レベルまで、ということにはなりますが、前期が終わり山梨後期だけに特化、ということであれば、市販の良問ばかり収録されている問題集よりは、悪問も出題されている大学の入試問題演習のほうが効果は高いでしょう。早慶理系の問題や、大阪医大や関西医大などの私立医学部の数学の試験が傾向のよく似た問題と言えます。もちろん山梨大の過去問が最優先ですが、問題が尽きたらそのような大学の過去問にも取り組んでみましょう。

化学の分析<60分・3問> 

満点300/H210/M140/L125

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で120分なので、化学には60分割けることになります。大問3問構成で、令和2年度では、全ての大問が理論でした。高分子が入って来ることもありますが、高分子の知識というよりは等電点の計算など、結局理論の問題になっていることが多いです。かつては大問数が多く無機や有機の出題もされていましたが、今では殆ど出題されていません。難易度は標準から難しいレベルで、全体的に誘導が少なく、自力で方針を立てて計算をさせる、半分数学の問題のような出題が目立ちます。標準的な問題もありますが、難しい問題は本当に難しく、国際化学オリンピックなどで出しても良いようなレベルの難問も含まれています。普通の受験生はあまりこのような問題で悩み過ぎず、物理など他の理科科目に時間を割くのが得策でしょう。このような明らかな難問に早々に見切りをつけるのであれば、時間はけっこう余ります。取れそうな問題をきちんと見極めて、確実に拾っていきましょう。山梨大化学の対策としては、多くの受験生は標準問題だけ拾っていくスタイルになるかと思いますので、重要問題集など標準的な問題集だけで構いませんが、実際の試験問題はもっと難しい問題も含まれますので、過去問演習を通して、「既視感のある問題だけを確実に解く」練習をきちんと積んでください。化学の新演習など難問系の問題集に取り組んでいただいても構いませんが、実際の入試問題には誘導が殆どないので、「リード文の誘導に従って解いていく」トレーニングをしても得点につながりません。問題の背景などをしっかり別冊の資料集である「化学の新研究」で確認しながらじっくり丁寧に取り組んでいくくらいでないと、アドバンテージを取れるレベルにまではならないかなあと思います。令和2年度では理論オンリー、難問も含まれることから目標ラインはかなり低めに設定しています。現状、物理や生物の方が、稼ぎやすいように思います。「物理・生物」の理科選択は案外悪くないかもしれません。

物理の対策<60分・4問> 

満点300/H240/M190/L165

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で120分なので、物理には60分の時間は割けます。大問4問構成で、力学、電磁気、波動、熱力学のセットで出題されることが大半ですが、稀に原子の出題もあります。難易度はおおむね標準レベルで、さくさく解いていけるとは思いますが、大問4問かつほとんどの設問が解答の導出過程を記述させる形式になっているので、時間に関してはたいへんシビアな構成になっています。ケアレスミスなどが目立つ受験生はそのミスが大きな減点に繋がりやすいので、ミスの少なくなるような答案作りや、余白の使い方などはよくよく研究しておきましょう。とはいえ、化学は難問を無視すれば時間が余りますので、理科トータルで見た時間配分を最適化すれば、物理にも多めの時間を割けるでしょう。山梨大物理の対策としては、重要問題集や名門の森などの標準的な問題集に取り組むだけでも十分ですが、普段の演習から記述で解答を書くことを意識しながら、解答の導出過程を丁寧に記述するようにしてください。

生物の対策<60分・4問> 

満点300/H240/M190/L165

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン)  

 理科2科目で120分なので、生物には60分程度の時間は割けます。大問4問構成で、最後の大問は小問集合の形を取っています。分野の偏りはかなりあり、細胞生物と分子生物がほぼ毎年出題、代謝・体内環境が次点で頻出、神経や発生、遺伝がちらほら、といった感じです。その他の分野は小問集合に知識問題として出題されることはありますが、大問のテーマとしては出題されていません。知識問題と考察問題は半々の構成です。知識問題の内訳は空欄補充と長めの論述問題が半々であり、時々高校生物を明らかに逸脱した問題が出題されていますが、あまり気にしても仕方ないでしょう。考察問題の難易度はほどほどで、適度に差がつくレベルの難易度になっています。最後の大問は知識の選択問題ですが、正しい選択肢を複数選ぶ形式になっており、厳密に正しい知識がないと点を落としてしまいます。山梨大生物の対策としては、前期の対策もあるので、基礎問題精講など標準的な問題集は全範囲に渡って演習すべきですが、プラスアルファの対策は頻出の分野に絞って行いたいところです。「生物 記述論述問題の完全対策」など、論述のトレーニング用の問題集を分野を絞って取り組んでいきましょう。遺伝に関しては時々出ているといった程度ですので、余裕があれば対策に取り組んでみると良いでしょう。論述が多いものの分野の偏りがかなりはっきりしているため、生物選択と物理選択はほぼイーブンくらいじゃないかと予想しています。それ以上に化学が難しいので、現状のところ「物理・生物」選択が最強かもしれません。

地域医療の概況

 山梨県の人口当たりの医師数は全国平均レベルです。しかし、地域偏在はかなり激しく、山梨の県庁所在地である甲府市に医師が集中しており、甲府から離れれば離れるほど医療資源が不足する傾向が見られます。なお、温泉街でもある石和(いさわ)市にはリハビリテーション施設がたいへん充実していることが知られています。アクセスが良いためか、首都圏からの患者も積極的に受け入れているようです。診療科偏在は殆どなく、バランスの良い構成になっています。

総評

 山梨大学の入試は、二次英語がそもそも存在しないこと数学・理科ともに難問も多いため飛びぬけた実力がないと大きなアドバンテージを取れないこと化学は現状理論オンリーの問題になっており高得点があまり期待できないこと、などが抑えておきたいポイントでしょう。東大理3落ち、東京医科歯科大落ちなどを拾っていこうとするスタイルが明確で、これらの大学を目指して難問対策も含めて行ってきた受験生は山梨大で拾ってもらえるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました