山口大学(医学部医学科) 英作特化。リーディングで差がつかず。

入試の基本情報と面接

 二次比率は40%で、共通テスト型といえます。配点はオーソドックスな配点です。面接については、約5分の面接が2回行われる形式で、概ね一般的なことが聞かれるようです。面接点は0点で、面接落ちの噂も聞いたことはありません。※面接一発アウト事例がしばしばあるようです。(複数の視聴者さんからの情報提供)また、公民は1科目受験が可能で、すなわち、倫理、政経、現社、それぞれ1科目での受験が可能です。

  国語 社会 数学 理科 英語 面接 合計
共通 200 100 200 200 200

900

二次 200 200 200 600

数学の分析<150分・4問> 

満点200/H165/M135/L115

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 全体的な難易度は標準~やや難レベルです。各大問が概ね1~4の誘導小問で構成されていることが多いですが、誘導がない大問が存在することもあります。斬新なテーマを扱った問題や抽象的すぎる問題は少ないですが、典型問題を組み合わせて思考力を問う問題が多くなっています。方針は立ちやすいですが、最後まで完答しきるには思考力や計算の工夫を要することが多いのも特徴でしょう。制限時間は150分とたっぷりあるものの、1問1問は重厚な問題となっているため、ボリュームは適正です。細かい誘導はないことが多く、小問毎に方針を立てるのに時間を要し、またその後の作業量も多くなっています。出題分野に偏りはなく、多分野融合問題が多くみられるほか、二次関数・三角関数・数”2”微積など、文系数学分野が出題されることも特徴的です。山口大数学の対策としては、標準問題の解法とその応用で解ける問題が多いので、青チャート、フォーカスゴールド、一対一対応の演習などで標準問題のインプットは必須になるでしょう。そのうえでアウトプット演習にも時間をきちんと割く必要があります。難問や奇問の類は出題されませんから、アウトプット演習は地方国公立大レベルや下位旧帝大レベルで構いません。問題集で言うところの、標準問題精講ややさしい理系数学レベルまで自力でやりきれば十分でしょう。

英語の分析<120分・3問> 

満点200/H150/M135/L125

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 長文が2問、自由英作文が1問の構成です。長文については、語彙は標準レベル、内容も標準レベルです。山口大英語の大きな特徴は、設問の半分以上で英作文が必要になってくることです。大問1は長文問題ですが設問のほとんどが英語で答える形式になっており、かつ長文の表現の引用だけでは解決しないケースも多く、せっかく英文の内容が分かったとしても、ライティング力がないと点数が全く無くなってしまうということもあるかもしれません。大問2はふつうの長文で日本語で解答する記述問題が多くなっています。大問3は自由英作文で、会話文やEメールを題材として、空欄に適切な英文を書き込む、いわゆる条件英作文の形式をとっています。山口大英語の対策としては、とにかくライティング力で差がつくので、例文集などで表現の幅を広げるのは勿論、早いうちに添削指導などの体制も整え、しっかりとした英作文の解答力を身に着けていきましょう。時間は120分もあるので、速読力は要求されません。共通テストさえ乗り切ってしまえば大丈夫です。

化学の分析<75分・3問> 

満点100/H95/M70/L60

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 大問5問構成で、理論が2問、無機が1問、有機が1問、高分子が1問の構成になっています。たまに、全分野に関する小問集合で大問が1つ出来上がっていることもあります。全体的な難易度は標準レベルです。難しい問題は殆どないものの、幅広い分野から出題されているので、各分野について基礎問題や標準問題の取りこぼしが無いように丁寧に学習を進めていく必要があります。計算問題がそれほど多くないこともあり、制限時間も75分もあるので、ゆっくり解いていっても時間は余るでしょう。山口大化学の対策としては、重要問題集などオーソドックスな問題集を1周するだけで十分ですが、余裕があれば、無機が必ず出題されていることもあるので、Doシリーズ福間の無機化学など、有名な対策本で知識を固めればさらに安定します。

物理の対策<75分・4問> 

満点100/H90/M80/L75

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 大問4問構成で、1問は力学、1問は電磁気、もう1問は波動、最後の1問は電磁気が原子の構成になっています。最後の問題が原子が出るか電磁気になるかは大体半々ですので、原子分野についても十分に対策する必要があります。難易度は標準レベルです。大問が4問もありボリュームは多いですが、75分も時間があるので、それなりに物理の実力があれば時間が足りないということもないでしょう。ただし、過程を書かせる問題ばかりですので思った以上に時間がかかり、めちゃくちゃ余裕があるわけでもありません。山口大物理の対策としては、重要問題集や名門の森など、標準レベルの問題集を一周するだけで、十分に合格レベルに到達しますが、導出過程をきちんと書かせる形式になっているので、過程も含めて丁寧にノートに書きながら問題を解くトレーニングをするようにしてください。

生物の対策<75分・4問> 

満点100/H90/M85/L75

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン)  

 大問5問構成で、分野の偏りは若干あり、体内環境はほぼ確定で出題されるものの、その他の分野は満遍なく出題されているようです。問題の難易度は標準レベルで、知識問題と考察問題がバランスよく配置されています。時間は75分もあるので余裕がでるでしょう。論述問題も多いですが、概ね典型的な設問で、解答すべきポイントははっきりしていることが多いように思います。山口大生物の対策としては、幅広い分野から標準レベルの問題がたくさん出題されているので、大森徹の最強問題集などといった、網羅性の高い標準問題集を丁寧にこなしてください。遺伝についてはちょくちょく出ているので、時間に余裕があれば対策をしておきましょう。

地域医療の概況

 山口県の人口当たりの医師数は全国平均レベルです。しかし、地域偏在はそれほど大きな問題となっておらず、山口大学付属病院のある宇部市周辺は医師が多いですが、その他の地域でも極端な医師不足の状況には陥っておらず、比較的安定した地域医療体制が構築されています。診療科偏在の問題もあまり顕在化していませんが、相対的には救急科、皮膚科、眼科などが不足傾向です。

総評

 山口大学の入試は、数学は医学部受験生の間できっちり差がつく試験であること英語は速読力は要求されないもののライティング力が要求されること、理科は比較的時間に余裕のある標準問題であること、などが抑えておくべきポイントと言えるでしょう。もともと数学の得意な受験生が、早い段階で山口大に焦点を当て重点的な英作文トレーニングを行うことによって、かなりのアドバンテージを取ることが出来るでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました