奈良県立医科大学(前期・医学部医学科) 謎だらけのトリアージ入試。その内容は。

入試の基本情報と面接

 二次比率は50%です。配点はやや理科重視な配点となっています。面接点はゼロ点で、5分前後の面接で概ね一般的なことが聞かれるようです。面接一発不合格の話も聞いたことはないので、面接リスクは低そうな印象です。奈良県立医大はどちらかというと後期重点型の大学で、前期試験の定員は22名ですが、後期試験の定員は53名もいます。とはいえ後期試験は京大や阪大など関西の超難関大の医学部に不合格だった層が流入してくるため、合格の難易度はかなり高めになっています。今回扱う前期試験の方はどうかというと、これはこれで変わった試験になっておりまして、「トリアージ試験」と呼ばれる試験形式を採用しています。災害現場などでの救急搬送は、患者さんに優先順位をつけて瞬時に行う必要があります。これをトリアージと呼びますが、奈良県立医大の前期試験はこの「トリアージ」を意識した試験となっており、数学・理科・英語を180分で一気に解かせる形式で、それぞれの科目でたくさんの分量の問題が課されます。解ける問題と解けない問題を優先順位をつけて捌いていく、そういうスタンスで試験を進めていくというコンセプトになっています。更に特筆すべきなのは共通テストの理科は2科目の受験が必要なものの、二次の理科は1科目でOKなことです。理科の得意科目があればその1科目で理科は勝負できます。また、公民は1科目受験が可能で、すなわち、倫理、政経、現社、それぞれ1科目での受験が可能です。

  国語 社会 数学 理科 英語 面接 合計
共通 100 50 100 100 100 450
二次 150 150 150 450

数学の分析<60分・5問> 

満点150/H120/M90/L85

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 全体的な難易度は標準~やや難レベルです。大問1~4は答えのみを書く形式で、大問5は記述式になっています。令和2年度の試験では、大問1は5分程度の短時間で解ける難易度、大問2以降については序盤の小問こそ解答しやすいものの、後半の問題はやや難レベルのものが多くなっています。全体的に典型問題は少なく、斬新な問題設定が多いですが、問題文に沿って素直に考えれば大問の序盤は概ね解答できるでしょう。解きやすい問題と、解きにくい問題は比較的はっきりしており、解きやすい問題だけにフォーカスを当てて処理をすれば短くて50分程度、長くて60分程度で処理可能です。70分、80分と伸ばしてもやや難の問題の一部が拾えるかも、といった程度であまり点数は伸びません。出題分野については、短答式問題では確率とベクトルが頻出で、記述式問題で数3微積がよく出題されています。数2微積、速度、データの分析など、二次数学ではややマイナーなネタも出題されることがあるのには注意をしてください。奈良県立医大前期数学の対策としては、典型問題の出題は少ないものの、序盤の取り組みやすい問題を手堅く取るために、青チャート、フォーカスゴールド、一対一対応の演習などの網羅系問題集での典型問題の解法インプットは必須でしょう。アウトプット演習はやさしい理系数学や標準問題精講などの下位旧帝大レベルの問題集まで取り組めばそれなりの点数にはなるかと思います。Highのラインは制限時間を60分の倍の120分程度とった際の目標得点です。実際の入試では数学が得意な人も苦手な人もMiddleのライン前後に収束するかと思われます。

英語の分析<60分・3問> 

満点150/H120/M110/L100

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 大問1は通常の長文問題で、語彙・内容共にやや易しいレベルです。設問もオーソドックスなもので、内容説明問題が大半ですが短文の英作文問題も交じっています。そもそもの長文がかなり簡単なので、内容説明問題では殆ど差が付きません。15~20分程度で大問1は処理できるでしょう。大問2は120ワードの自由英作文、大問3は80ワードの自由英作文になっています。オーソドックスな問題ですが自由英作文2題を40~45分で処理しなければいけませんので、かなり慣れていないと処理できません。自由英作文を短時間で処理できるかどうかが大きなポイントになってきますし、また英作文の配点が全体の半分を超えておりますので、早い段階から自由英作文対策は入念に行っておきましょう。ただし、最後の大問3は配点は20点しかないので、あまりにも時間が切羽詰まっていればスルーしてしまうのもアリです。

化学の分析<60分・18~19問> 

満点150/H130/M115/L110

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 3科目で180分ですから、化学には60分割けることになります。小問18~19問構成で、令和2年度ではそのうち8問が理論、無機が3問、有機が3問、高分子が5問となっています。高分子の比率がやや高めで知識問題も多いので、直前対策としては高分子が最もコスパがいいかもしれません。実力があれば60分で完走できるのですが、実際の試験で何が起こるかわかりませんので、後ろの方に配置されている高分子、有機、無機の知識問題から取り組み、理論の計算問題は残り時間と相談で取捨選択しながら進めていきましょう。全体的な難易度はやや易しい~標準レベルで、1問1問はそう難しい問題はありませんが、少し計算が重いなあと思う問題もあります。とはいえ化学の勉強をきちんとやってきた受験生であれば、やや煩雑な計算問題も力業でねじ伏せることも可能かと思うレベルです。奈良県立医大前期化学の対策としては、重要問題集、それもA問題レベルで構いません、基礎問題、標準問題をきちんと短時間でミスなく解答できるようにトレーニングしてください。そして試験直前は重要問題集などでは手薄になりがちな高分子の分野について、教科書準拠の問題集などを使ってフォローをしてください。

物理の対策<60分・4~5問> 

満点150/H135/M105/L100

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 3科目で180分ですから、物理には60分の時間は割けます。大問4~5問構成で、力学、電磁気については必ず出題されますが、波動、熱、原子については年度によっては出題されないこともあります。全体的な難易度は標準レベルですが、所々やや難レベルの問題も見受けられます。また小問によっては計算が煩雑な問題もあるため、そのような小問は飛ばしていきながら進める必要があります。物理に70分の時間が割ければどうにか完走できる、といった分量で、かなりボリュームのある試験です。どうしても物理選択で完走を狙うなら、数学を50分程度で済ませるか、英語の自由英作文を1問捨てて、空いた時間で物理の問題を解くなどの工夫が必要になります。奈良県立医大前期物理の対策としては、重要問題集や名問の森などといった標準的な問題集で構いませんが、問題を見てすぐに解法の見通しがつくようになるまで何度も繰り返してください。また見直しの時間はあまり取れませんから、普段の問題演習から正確な解答が出来るように丁寧に取り組んでくださいね。Highのラインは物理の得意な受験生が、物理に70分程度の時間を割いて完走出来た場合の目標ラインです。Middle、Lowのラインは物理の学力が普通程度の受験生が、60分の制限時間で解いた場合の目標ラインです。原則として化学を選ぶことを薦めますが、物理が得意であれば、数学か、英語の自由英作文1問分を捨ててでも物理の完走を目指す戦略もありでしょう。

生物の対策<60分・10問> 

満点150/H130/M115/L110

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン)  

 3科目で180分ですから、生物には60分程度の時間は割けます。大問10問構成で、分野の偏りについては殆どなく、植物生理、生態、進化なども含めすべての分野から出題されています。全体的な難易度はやや易しい~標準レベルで、知識問題が殆どで考察問題があまり多くありません。考察問題が出ていたとしても典型問題で、そう難しくはありません。ただ知識問題で生物史などやや古典的な内容が出題されることもあるので、知識問題のフォローについてはしっかり行う必要があります。制限時間は60分使えますが、知識問題がメインになるので、ノンストップで解答を進めれば50分以内での解答も可能かと思います。万が一難しめの問題が出ても悩み過ぎずに、その時間を英語の英作文などに使う方が賢明です。奈良県立医大前期生物の対策としては、知識問題の対策のために「生物用語の完全制覇」などの難しめの知識問題集で知識を固めた後、基礎問題精講など標準的な問題集を用いて典型問題が瞬時に解けるようにトレーニングを行いましょう。余裕があれば、論述問題もあるので、「生物記述論述問題の完全対策」などの論述用問題集にも丁寧に取り組んでください。遺伝についても出題はあるのですが、遺伝が出た場合は恐らく後回しにするので、対策は本当に余裕があればで構いません。殆どが知識問題で見直しの必要が殆どなく、急いで解いても事故が少ないため、生物を履修している受験生は生物を選択することを強く勧めます。まあ化学でも得意であれば十分行けると思いますけどね。

トリアージとは

 トリアージとは、災害の現場などでたくさんの負傷者が出てしまった場合に、限られた時間と医療資源を最大限に利用するため、負傷者の重症度と緊急度を考慮して救護や搬送、治療の優先度を決めることを指します。優先度は色のついた4種類のタグで示され、緑色のタグは自力で歩行の可能な軽症であるため治療の優先度は低く、黄色のタグは重症ではないものの搬送が必要で、かつ緊急ではない負傷者につけます。赤タグが最優先のタグになり、すぐに処置をすれば救命可能な負傷者が対象です。最後に黒タグで、このタグは死亡してしまった負傷者、または救命が非常に困難と判断された負傷者が対象になります。このトリアージの考え方は、負傷した患者さんに「命の選別」をすることにほかならず、倫理的問題も大いに含むため、小論文のテーマとしても時々出題されます。興味のある方は是非一度詳しく調べてみて、色々と自分の考えを深めていってはいかがでしょうか。

総評

 奈良県立医科大学前期の入試では、数学はそのコンセプト通り優先順位をつけないといけないこと英語は作文力重視の試験で原則として完走したいものの最後の自由英作文は時間と相談でスルーも許容されること、理科は1科目選択で良いが知識重視の生物や化学を選ぶのが点数が安定しやすく、また物理を選ぶ場合は他の科目をある程度犠牲にする必要があること、などが抑えておきたいポイントになるでしょう。時間があまりにも厳しすぎるためか、もしくはまだあまり研究されていないためかわかりませんが、合格者最低点と平均点は非常に近接しており、二次であまり差がついていないのが現状です。ですので、共通テストできちんとアドバンテージを付けたうえで出願したいところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました