大阪大学(医学部医学科) 英・数・理、隙のない高学力が必要。英語の採点はゆるめ。

入試の基本情報と面接

 二次比率は75%です。配点はオーソドックスな配点となっています。面接点はゼロ点で、10分前後の面接で概ね一般的なことが聞かれるようです。また、公民は1科目受験不可で、すなわち、「倫理・政経」2科目まとまった科目オンリーです。

  国語 社会 数学 理科 英語 面接 合計
共通 100 100 100 100 100 500
二次 500 500 500 1500

数学の分析<150分・5問> 

満点500/H450/M400/L385

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 全体的な難易度は標準~やや難レベルです。おおむね2~3問の誘導小問がついていることが多いようです。数学の基本事項を分野を横断して出題する多分野融合問題の出題が多く、全体的な数学力を問う良問で構成されたセットと言えるでしょう。制限時間150分に対して、ボリュームは適正です。極端に煩雑な計算を要求する問題こそ少ないものの、それぞれの大問で少しずつ時間を食うので、決して油断は出来ません。出題分野については数3微積や確率が頻出で、確率については複素数との融合問題がしばしば出題されており、ここ最近の頻出パターンとなっています。その他の分野は満遍なく出題されており、多分野融合問題が多いこともあるので、数学の各分野について満遍なく学習する必要があります。阪大数学の対策としては、標準問題の出題もあるものの、市販の問題集と同じパターンで出題されていることもあまりないため、青チャートなどでのインプット学習は程ほどで済ませ、アウトプット演習を中心とした数学の学習を心がけましょう。要求される得点率も高めになることから、ハイレベル理系数学、理系数学入試の核心難関大編、上級問題精講など最上位レベルの問題集までアウトプット演習を進めたいところです。令和2年度は問題がやや易化したため、全体的に高めのライン設定になっています。

英語の分析<90分・4問> 

満点500/H425/M400/L360

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 大問1はかなり長めの英文和訳、大問2は通常の長文問題になっています。長文の難易度は内容・語彙共に標準レベルで難しいわけではありません。大問1は今では珍しくなってしまった精読系の問題で、やや複雑な構造を取る英文を和訳させる問題になっています。年々、少しずつ難易度が緩和されており、今ではそれほど難しく感じないかもしれません。大問2の設問は内容説明問題や内容一致問題など長文内容の理解を試す問題が主となっています。英文の内容が理解できていれば大きく失点することはない問題で、若干の論述トレーニングを積んでいればさほど難しくはないでしょう。大問3は自由英作文で、70ワード程度の英文で指定されたテーマについて意見を述べる形になっています。大問4は和文英訳で、こなれた日本語を英訳する形式となっています。京大ほどは難易度は高くはありまんが、事前にきちんと対策はしておきましょう。制限時間90分に対して、ボリュームは適正かやや余る程度と思います。ふつうの長文問題は1題しか出題されておらず、精読力や英作文力で差がつく問題セットとなっています。論述の問題は多いものの、採点はやや緩めと言われており、得点ラインも高めに設定しています。

化学の分析<75分・4問> 

満点250/H225/M195/L180

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で150分なので、化学には75分割けることになります。大問4問構成で、理論が2問、有機が1問、高分子が1問の構成になっています。無機については理論の大問の1部に出題されることが多いようです。全体的な難易度は標準から難しいレベルで、令和2年度では有機や高分子は取り組みやすかったものの、理論の問題はかなり難しく、序盤の小問から取り組みにくかったため慌てた受験生も多かったかもしれません。年度によっては有機などにも難しい問題も出題されますが、有機の難問は計算ミスなどのリスクも少ないため何とか解答したいところです。医学部以外の受験生なら標準問題を取りこぼさなければお釣りが出るレベルですが、医学部の受験生はやや難の問題でもある程度の点をひねり出さないと合格点に到達しません。阪大化学の対策としては、重要問題集などの標準問題集の周回だけではやや演習量が不足すると考えられ、化学の新演習などの難問系問題集を十分な時間を取ってじっくり取り組む必要があると考えます。また難問の演習は有機や高分子をまず最優先に行い、理論のトレーニングは後回しにすることをお勧めします。有機や高分子はあまり範囲が広くなく、計算ミスのリスクなども小さいため、手っ取り早く得点源にできます。その一方で理論は範囲が膨大で、せっかく解き方が分かっても計算ミスで失点することも多いため、得点に繋がるまで結構な時間がかかります。

物理の対策<75分・3問> 

満点250/H225/M205/L190

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で150分なので、物理には75分の時間は割けます。大問3問構成で、1問は力学、1問は電磁気、もう1問は波動か熱力学か原子、の構成になっています。難易度は標準からやや難レベルで、各大問の後半の設問になるほど難しくなっています。令和2年度の試験では大問3の後半を除き、どの大問もそれ程難しいわけではありませんが、分量が多いため時間内に解ききるにはかなりの実力が必要です。年度によって物理が難しくなったり、化学が難しくなったりと様々ですが、まずは標準問題をきちんと見極め確実に正答し、余った時間でやや難の問題の一部を拾っていけるように、時間配分のトレーニングについてはしっかり行いましょう。阪大物理の対策としては、重要問題集や名門の森などといった標準問題集は早めに仕上げてしまい、標準問題精講や難系統の問題とその解き方などといった難問系問題集にも取り組みたいところです。また、この難問系問題集も時間が無ければ早めに切り上げ、その後は阪大物理の過去問演習にきちんと取り組みたいところです。というのも阪大物理では似たような設定の問題の使いまわしが見られ、過去問で出題された問題の設定をきちんと理解しておけば非常に取り組みやすくなることがしばしばあります。時間配分のトレーニングは物理・化学を通しで演習したいので、物理と化学が同時に過去問演習に移行できるように学習のペースを調整してくださいね。

生物の対策<75分・4問> 

満点250/H210/M185/L170

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン)  

 理科2科目で150分なので、生物には75分程度の時間は割けます。大問4問構成で、分野の偏りはかなりあり、分子生物と神経が最も頻出で、次点で代謝・体内環境・遺伝などの分野がまんべんなく出題されています。たまに植物生理の問題も出題されていますが、生態学に関しては殆ど出題がありません。全体的な難易度は標準~難しいレベルで、考察問題が殆どです。他学部の先生が作ったと思われる設問は概ね標準レベルですが、医学部の先生が作ったと思われる設問は容赦のない難易度となっています。大問ごとの難易度の傾斜はかなり激しいですが、医学部の受験生は難しい設問にもある程度は食らいついていかないと合格点にまで到達しません。阪大生物の対策としては、典型問題が収録された問題集はそこそこで切り上げ、標準問題精講や思考力問題精講などといった最難関の考察系問題集についても、頻出分野に絞ってでも良いのできちんと取り組みましょう。いわゆる最難関の考察系問題集にも、難易度は難しいけれども似たようなテーマが繰り返し旧帝大の間で使いまわされている、いわゆる「難問頻出」のパターンも結構あったりするので、リード文やデータの読み取りが出来ただけで満足せず、背景となるテーマまできちんと理解して、同様の問題が出題された場合にすぐに解答できるように丁寧に取り組んでください。また遺伝についても難問も含めよく出題されるため、対策が必須です。恐らくどの年度も物理選択が有利で、生物選択がそれに食らいついていくには阪大生物の分野の偏りを利用して傾向対策を尖らせていく必要があると考えます。

学士編入制度

 阪大の学士編入制度では、一度大学を卒業した方の為の入学枠として、毎年10人の定員を設定しています。物理学・化学・数学・基礎の生物学などの異なるバックグラウンドを持つ人材を入学させることで、基礎医学や先進医療研究の更なる充実を目指している制度です。合格すると、1年次の一般教養を飛ばして2年次編入となります。試験は一次試験と二次試験に分かれ、一次試験の科目は大学一般教養レベルの生命科学・物理・化学に加え、生命科学分野の英語の試験があります。英語については令和4年度の試験からは民間英語試験の成績で代用されるようです。その後一次合格者には二次試験が課され、面接と小論文を実施して最終的な合格者が決定されます。ぶっちゃけた話、阪大医学部など超難関の医学部については、一般入試で入るより学士編入入試経由で入るほうがカンタンです。一般入試における医学部の受験偏差値は高止まりしており、東大理1でA判定が出ている受験生でも、阪大医学部ではC判定くらいに留まることは平気であるわけです。京大の工学部や農学部などに至ってはA判定が出ていても、阪大医学部ではE判定でもおかしくありません。また、学士編入生は、どの大学でも要求されている生命科学や英語では非常に高い成績を残している一方で、一部の大学でしか要求されない物理や化学はあまりきちんと勉強していません。学士編入試験では物理や化学も一般教養レベルでしか問われませんから、そのようなバックグラウンドを持つ大学生や社会人の方は生命科学の学習に専念すればたいへん有利に試験を進めることが出来るため、該当する方は検討してみてください。

総評

 大阪大学医学部の入試では、英数の安定的な高学力に加え、理科でもやや難の問題から点をひねり出していく必要があり、高1・高2の時点から入念な準備をして取り組まないと中々合格までは行きつかない大学と言ってよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました