三重大学(医学部医学科) ザ・オーソドックス。多浪・再受験も多数。

入試の基本情報と面接

 二次比率は54%で、やや共通テスト型といえます。配点はやや理科重視な配点で、共通テストで国語100、社会で100、数学で100、理科2科目で200、英語で100、二次試験で数学200、理科200、英語200、面接100となっています。面接については、約10分の面接で概ね一般的なことが聞かれるようです。面接点で差がつくことはほぼなく、殆どの受験生が90点になるようです。また、公民は1科目受験可能ですが、1科目受験の場合は現代社会のみ可となっています。倫理オンリー、政治経済オンリーの受験はできません。

  国語 社会 数学 理科 英語 面接 合計
共通 100 100 100 200 100 600
二次 200 200 200 100 700

数学の分析<90分・3問> 

満点200/H180/M140/L125

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 全体的な難易度は標準~やや難レベルです。大問1は5問の小問集合で、他の大問は3つの誘導小問から構成されています。大問1の小問集合は他学部との共通問題で比較的易しくなっています。大問2は他学部共通問題、大問3は医学部専用問題になっていますが、いずれも程ほどに点差がつきそうな難易度で、極端に難しいわけでもありません。制限時間90分に対して、ボリュームはやや少なめです。計算量は全体的に少なく、方針さえ立てばスムーズに解ける問題が多いです。とはいえ大問1の小問集合は5問もありボリュームがあるので、大問2や大問3でそれぞれ30分しっかり使ってしまうと大問1にさける時間はありませんから、時間配分には注意をしてください。出題分野については複素数平面や数3微積が頻出で、次点で三角関数や数列が頻出になっています。確率が意外と出題されていません。三重大数学の対策としては、標準問題が中心で、やや難易度の高い問題も標準問題がベースであることが多いので、青チャート、フォーカスゴールド、一対一対応の演習などの標準問題集でのインプットは必須でしょう。アウトプット演習も地方国公立大レベルで十分で、問題集で言うところの理系数学入試の核心(標準編)などの演習書でアウトプット演習をしましょう。また、制限時間や大問の形式は令和2年度から変更されており、以前は120分、大問4問で小問集合なし、というセットでした。小問集合以外は問題の難易度や方向性はそれほど変わりませんが、過去問演習の際には注意をしてください。

英語の分析<80分・3問> 

満点200/H160/M135/L120

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 80分の試験で、大問は3問で、すべて長文です。長文そのものの語彙は標準レベル、内容はやや易しいから標準レベルです。長文のジャンルは理系ジャンルが多めですが、文系ジャンルも時々は出題されています。設問の形式も至ってオーソドックスなもので、和訳・空所補充・並び替え・内容一致問題などがありますが、設問の難易度はいずれも平易で、さくさく解けていけるでしょう。英作文もありますが短文の和文英訳で、例文暗記で対応できるレベルです。制限時間は80分しかありませんが、設問の難易度がいずれも易しいので、時間が不足することも意外とないでしょう。設問の難易度はかなり易しいはずですが、合格者最低点や合格者平均点から逆算すると、英語の記述の採点が異様に厳しくなっていることが予想されます。わずかなミスで大幅な減点がなされている恐れがあるので、気を付けてください。

化学の分析<75分・5問> 

満点100/H90/M80/L70

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 理科2科目で150分なので、化学には75分割けることになります。大問5問構成で、理論が2問、無機が1問、有機が1問、高分子が1問の構成になっています。無機や高分子も独立した大問として出題されているので、丁寧めに対策をしてください。難易度はいずれも標準レベルです。分量は沢山ありますが、時間もたっぷりあるので、時間が足りないこともないでしょう。三重大化学の対策としては、重要問題集など標準的な問題集を丁寧に周回するだけで十分合格点に到達します。制限時間に余裕があるので、情報処理能力で差がつかず、これまでの勉強量がダイレクトに点数に反映される試験と言えます。

物理の対策<75分・5問> 

満点100/H90/M80/L70

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 大問5問構成で、2問は力学、1問は電磁気、残り2問が波動・熱力学・原子のうちから2分野が出題される構成になっています。難易度は標準レベルですが、大問の数が多いので、テンポよく解いていかないと時間が足りなくなることもあるでしょう。問題設定も複雑なものは殆どなく、典型問題が中心です。ほぼ全問穴埋め問題で、変わった形式の出題もないので、しっかり高得点が取れるセットとなっています。三重大物理の対策としては、重要問題集や名門の森などの標準的な問題集を丁寧にこなすだけで十分合格点が取れます。丁寧に周回して、ハイスピードで同レベル帯の問題が解けるようになるまでやりこんでください。

生物の対策<75分・5問> 

満点100/H85/M75/L70

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン)  

 理科2科目で150分なので、生物には75分程度の時間は割けます。大問5問構成で、細胞生物・進化・生態・体内環境がほぼ固定で出題で、その他の分野はまんべんなく出題されています。難易度はおおむね標準レベルで、殆どが典型問題です。時間もたっぷり75分あるので、時間が足りなくなることもありません。難易度はそれほどでもないはずですが、生態・進化など医学部受験生はあまりモチベーションが上がらない分野もきちんと出題されているので、この辺りの分野もきちんと意識して対策をする必要があることがポイントでしょう。三重大生物の対策としては、難易度は標準レベルですが範囲はかなり広いので、大森徹の最強問題集などの網羅性の高い標準問題集をこつこつこなしていけば、十分合格点に到達するでしょう。遺伝については出ないこともないですが、難易度は易しいので特別な対策は不要でしょう。勉強量がダイレクトに点数に反映される試験と言えます。

地域医療の概況

 三重県の人口当たりの医師数は全国平均と比べるとやや少な目になっています。地域偏在は意外と小さく、三重大附属病院がある津市に医師が一極集中しているわけではなく、四日市市のある北勢(ほくせい)医療圏や、伊勢市や松坂市のある南勢(なんせい)志摩医療圏においても、津と同程度の医療水準が担保されています。和歌山に近い東紀州医療圏は過疎地域であり、医師は不足しています。また名古屋とのアクセスが良いためか、北部の医療は愛知県にやや依存している傾向があるようです。診療科偏在については、どの科もまんべんなく不足していますが、とりわけ不足しているのは麻酔科と救急科です。

総評

 三重大学の入試は、理・数は標準的な問題の完成度で差がつくオーソドックスな出題であること、英語については平易なものの、記述の採点が異様に厳しい可能性があるため注意が必要なことなどが抑えておきたいポイントと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました