鳥取大学(医学部医学科) 二次試験の問題の分析

鳥取大医学部(医学科)入試分析!ーあっしー先生国公立医学部を語る⑤

入試の基本情報と面接

 二次比率は44%で、やや共通テスト寄りといえます。面接点については非開示であるためグレーな点は多いです。あくまでネット上の情報を総合したものにすぎませんが、50点を割り込むことはおそらくなさそうであることと、コミュニケーション能力や鳥取県の地域医療への関心を中心に評価されるように思います。県外出身者は鳥取県の地域医療の実情についてある程度理解した上で面接に臨む方が望ましいと言えます。また、公民は1科目受験不可で、「倫理・政経」2科目まとまった科目オンリーです。

  国語 社会 数学 理科 英語 面接 合計
共通 200 100 200 200 200 900
二次 200 200 200 100 700

鳥取大は二次の理科が導入されてからまだあまり経っていません。英語だけ、和文英訳が出題されるなど癖がありますが、他の科目は普通の問題過ぎて二次の試験対策をそうゴリゴリやる必要はありません。

鳥取大学 (2021年版大学入試シリーズ)

数学の分析<120分・4問> 

満点200/H180/M150/L130

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 やや易しい~標準的な問題で構成されています。計算問題、論証問題がバランスよく出題されています。旧帝大、早慶レベルの問題に丁寧な誘導をつけたような問題、といった印象で、小問誘導も豊富です。計算量も、微積でちょっと多めといった程度で、時間も余るはずです。計算ミスのチェックをする時間もしっかりとりましょう。普段の演習としては、青チャート、フォーカスゴールド、1対1対応の演習など標準的な問題集をとにかく周回しましょう。入試問題演習を行うのであれば、下位旧帝大や地方国公立大などの問題、すなわち小問誘導が多い問題を対象に、誘導の意図を考えながら解くトレーニングをしましょう。こういう能力は共通テストでも役に立つでしょうね。難易度の高い問題への対策は不要ですので、ハイレベルな問題集にむやみに手を出すのはやめましょう。

鳥取大の入試は基礎的~標準的な問題の解答力が身につけば十分合格点が取れます。LまたはMライン目標なら理系数学入試の核心(標準編)、Hライン目標ならやさしい理系数学が演習書の候補でしょう。

理系数学 入試の核心 標準編 改訂版 (数学入試の核心) やさしい理系数学 三訂版 (河合塾シリーズ)

英語の分析<90分・4問> 

満点200/H170/M150/L130

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 大問は4問、2問は長文、2問は英作文です。英作文のうち1問は京大風和文英訳で、1問は自由英作文です。読解はかなり易しいレベルですが、和文英訳はやや難で阪大レベル、自由英作文も、自由度の高いものから低いものまで傾向が不安定です。長文が易しくそう長くもないので、時間はやや余裕が出るでしょう。鳥取大学の英語は、和文英訳対策を早いうちから始められるかどうかで差がつくでしょう。医学部入試の英語は大半が自由英作文となっているため、和文英訳については殆どの受験生は共通テスト後からしか対策できないように思います。鳥取大学の受験を決めたら速やかに英作文の添削指導の出来る教員の先生にコンタクトして、過去問答案の添削、過去問が足りなければ阪大過去問の英作文でトレーニングをし、添削指導を受けてください。自由英作文の対策については、和文英訳より早めに行っておくべきです。遅くとも秋からは始めておいてください。自由英作文対策は受験校が変わっても役に立ちます。

化学の分析<90分・5問> 

満点100/H90/M80/L70

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 大問5問構成で、理論が2問、無機が1問、有機が1問、高分子が1問です。無機・高分子はほかの大学を受験する場合は簡単にしか対策しないことも多いですが、ここを受ける場合は無機で大問まるまる1問、高分子で大問まるまる1問と出題されるため丁寧めに対策しましょう。たいへん易しい問題で、90分も時間があるので、丁寧に計算をしながら進めても最後まで完走できるでしょう。易しい問題をミスなく解いていくことが必要ですから、普段の演習でもあまり難しい問題に取り組む必要はありません。例えば重要問題集をやるにしても、易しいA問題を何度も繰り返すような演習の方が望ましく、B問題はノータッチでも構いません。理科の完成度があまり高いレベルまでは望めない現役生にはありがたい難易度の問題なように思います。

重要問題集にあるくらいの標準的な問題の周回でOKかと思われます。

2020実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学

物理の対策<90分・4問> 

満点100/H85/M80/L70

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン) 

 いずれも全学部共通問題になっているためか、難易度そのものは標準レベルで、決して難しい問題ではありません。基本的に解答のみを描く形式ですが、グラフや論述問題が紛れ込んでくることもあります。難易度が高いわけでもないのに、時間もたっぷり90分与えられ、高得点が狙えるセットになるでしょう。例えば「難問題の系統とその解き方」、いわゆる難系などといった難問系問題集は不要で、標準的なレベルの問題集を周回して、苦手分野を作らないように、トレーニングを積んでください。勉強時間に余裕があれば、時々出題されるグラフの問題や論述問題に対して何かしらの対策をしてもいいかもしれません。

生物の対策<90分・5問> 

満点100/H90/M80/L70

(H:極めてその科目が得意な人のライン M:合格者平均予想ライン L:合格者最低点予想ライン)  

 相当ゆっくり解いていても、90分まるまる使うことはないでしょう。生物は60分程度で切り上げ、化学の計算などに時間を割く戦略を勧めます。大問5問構成で、植物・生態・進化を含む幅広い分野から出題されています。いずれも平易な問題で、殆どが知識問題で、考察の体をなしている問題もありますが、非常に典型的な問題なので考え込むことはないでしょう。遺伝については集団遺伝が少し出題された程度で、現状、大問まるまる遺伝という問題は見受けられません。易しい問題ですが高得点勝負にもなるので、セミナー生物のような基礎固め用問題集や、基礎問題精講などコンパクトな標準問題集を周回するのが基本のトレーニングとなるでしょう。考察対策は共通テストで大きく差をつけられない程度に留め、標準問題の周回を徹底しましょう。少し別の問題集に浮気するのが許されるのであれば、長い記述問題が時々ありますので、「生物 記述・論述問題の完全対策」なども有効でしょう。

コンパクトにおさめるなら、基礎問題精講になります。演習問題はやや難で解説もあっさりすぎるため、独学の場合は例題のみをやりこむ形になります。(ちょいちょい演習問題にもやっておきたいテーマはあるのですが、、)

《新入試対応》生物(生物基礎・生物)基礎問題精講 四訂版

網羅性を求めるなら、大森徹の最強問題集になります。

大森徹の最強問題集159問 生物[生物基礎・生物] (シグマベスト)

地域医療の概況

 

 鳥取県では医師の地域偏在が問題となっており、面接でも鳥取の地域医療への理解が求められる可能性があるので、私の調べた範囲で鳥取県の医療事情について説明しようと思います。鳥取は、鳥取市を中心とする東部医療圏と米子市を中心とする西部医療圏が地域医療の2大拠点であり、鳥取大学付属病院は西部の米子市にあります。あいだに挟まれている中部医療圏は過疎地域であり、医師も不足しています。鳥取県全体としては、医師も少ないものの、そもそもの県民の人口も極端に少ないため、人口当たりの医師数は日本の平均よりも意外と多かったりします。とはいえ、少ない医師が各拠点に散らばっていきますから、主要な診療科に欠員が生じることもあり、各拠点で十分な医療が提供できているとはいえないのが現状です。

 このような地域では、総合診療科のドクターが最も必要とされることでしょう。総合診療科では、内科領域を中心にはしますが、幅広い分野の主要な疾患をバランスよく診ます。例えば、普段から超大食いの方は、様々な疾患を併発する可能性があります。膵臓を酷使するため糖尿病を患い、その糖尿病合併症として腎不全を起こし、コレステロール値が高いために心筋梗塞のリスクが高く、更には食生活に起因する肝炎を合併し放っておくと肝硬変に進むリスクが高い、そんな人がいたりします。難しい手技を必要とするような急性期治療については専門家の医師に任せるしかありませんが、予防や慢性期のコントロールなどであれば、複数の専門医でこのような患者を診るよりは、一人の総合診療医で全てを見てしまうほうが、効率がいいですよね。専門医が地域で偏在しているならなおさらです。高齢者の方は複数の基礎疾患を持っていることも多く、ちょうど鳥取県は高齢化が急激に進んでいる地域ですから、幅広い診療科の主要な疾患をバランスよく診れる総合診療医が最も必要とされる地域の1つと言って良いでしょう。

総評

 鳥取大学の入試は、とにかく基礎的・標準的な問題の完成度を上げていくことだけに注力することが合格への最短ルートと言えるでしょう。医学部志望の受験生は、おおむねプライドが高く、難しい問題集に手を出しがちですが、鳥取大学の受験の際にはそのようなしょうもないプライドは捨てましょう。退屈することもあるかとは思いますが、我慢して易しめの問題集を周回してください。また、二次試験の理科が導入されたのはつい最近なのですが、非常に易しいため、現役生でも戦いやすいセットになっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました