ABCモデル

未分類

空欄入りpdfはこちら

空欄入りpdfはこちら

花のホメオティック遺伝子(ABCモデル)

 花芽の分化においては、Aクラス,Bクラス,Cクラスの3種類のホメオティック遺伝子が存在することが知られており、分化の機構も知られている。野生型では、Aクラスのみではがく、AクラスとBクラスの両方で花弁、BクラスとCクラスの両方でおしべ、Cクラスのみでめしべとなる。

★野生型のABC遺伝子の発現と分化先をまとめてみよう

★A欠損株、B欠損株、C欠損株のそれぞれでどのような変異体が生まれるかシミュレーションしよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました