伝導速度と伝達時間の計算ー頻出問題解説シリーズ(神経)

未分類

空欄入りpdfはこちら

空欄入りpdfはこちら

伝導速度と伝達時間

 伝導は電流が引き起こす現象であるため興奮が伝わる速度が①速く、伝達は化学物質の移動が引き起こす現象であるため興奮が伝わる速度は②遅い。2つの神経回路において、刺激が伝わる速さを測定することで、伝導速度と伝達時間を共に求めることが出来る。未知数が伝導速度と伝達時間の2つあるので、2つの(独立な)条件式があれば③連立方程式の要領で求めることが出来る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました